鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

地磯・・・3

夜の8時過ぎ、翌日の仕事変更の電話が入りました。
ぽっかり1日空きましたので、翌日の天気予報をPCで調べますと「天気良し、風弱い」こうなると地磯釣行決定ですね。
「目が覚めたら出発!」と決めて床に就きますが、目が覚めたのは3時半でした。
時間的に早いので、朝ご飯を食べて家を出たのは4時過ぎです。
内之浦の地磯駐車場には、車は止まっていませんので何処でも降りられます。
ただ暗い中、降りて行く自信がありません。
そこで船間の地磯まで足を延ばす事にしました。
流石に有名地磯なので既に1台車が止まっています。
私も準備をしていると、車が駐車場に入ってきました。
「まずい!」と急いで身支度して山を降りて行きます。
お目当ての正面磯は先客が居ましたの、右側に移動していたところ「鬼瓦さん」と声を掛けられました。
振り向くと名手「Sさん」です。
ラッキーにも右側磯に降りると言う事なので一緒に岩場を降りて行きます。
Sさんの話では、最近釣れて無く厳しいとの事です。
大よそのポイント攻め方を聞いて取り敢えずは「1匹」と、釣りを開始しますがエサも取られません。
Sさんも苦戦しているみたいで、お昼前には私の釣座に移動して来られました。
時間だけが過ぎ、痺れを切らした私は、Sさんからポイントを教えてもらいそちらに移動します。
1時間後、潮が動き出しいきなり道糸が走りました。
張り根の位置は聞いていたので強引にやり取りすると、細長い魚が瀬際を横切りました。
バラシテなるかと竿の角度を保ちながらやり取りしていると目の前でジャンプ。
正体はスズキです。
エラ洗いで切られないように慎重寄せて無事タモ入れ成功。
クロで無くて残念ですが、ヒラスズキですので良しとしましょう。
潮が動き出したので夕マズ目の一発を期待しましたが、30cmのクロが釣れたのみで納竿としました。
Sさんは良型を2回バラシたとの事で、後ろ髪引かれる思いで釣場を後にしたみたいです。

005a_20170127204957dcb.jpg
スポンサーサイト
  1. 2017/01/26(木) 09:28:24|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近況

土曜日は午前中のみ仕事で、帰宅したのは12時過ぎでした。
何もする事(やろうと思えば家の掃除とかあるのですが・・・)ないので、釣友との付き合いでで久し振りに錦江湾向けです。
予定はアジ⇒イカですが、前回夕まず目に大アジが釣れましたので、イカを狙いながら私も大アジを狙う予定です。
現場に到着して周りを見渡しますが、誰一人竿を出していません。
「釣れとらんのかな?」と遠投しやすい場所で準備をしていますと、次から次に釣人がやってきました。
その中に、知り合いの先生もいたので「最近どげん?アジ、イカは釣れちょっと?」と聞くと「アジが釣れるのは夕方からだね。イカは大きくなったよ」との事でした。
釣友に「夕方まで辛抱だね。釣れん時は早めに帰ろう」と話し、取り敢えずは釣場の定番、サビキで狙います。
ところが・・・常連の言う通り全く釣れません。
1時間・2時間、錦江湾名物のキンギョ(ネンブツダイ)さえ釣れません。
そこでウキ下を極端に深くすると最初の1匹が釣れました。
更に数投目で1匹追加。
釣友にウキ下を教えて釣ると釣友にも当たり始めました。
夕方まで20匹位スカリに入れて何とかエサはゲット。
今度は大アジを狙いますが、先生の言ってたとおり、エササイズの入食いとなりました。
「もうエサは要らんよ。大アジ釣って」と釣友に言いますが、それでも釣れ続きます。
いい加減アジ釣りも飽きて来たので、ヤエン竿のチェックに回りますと、釣友の竿に反応があります。
釣友にその事を伝え、ヤエン発射のタイミングを見計らいヤエンが発射されました。
釣友はゆっくりリールを巻き、イカの引きに耐えて上がって来たのは600gのイカです。
「最初から調子が良いね」と話していると私のドラッグが鳴り響きました。
暫く様子を見て、竿を引いてみると「グッグッ」とイカの反応です。
ゆっくり、本当にゆっくりリールを巻きますと、イカの抵抗も少なくなり(本食いに入りました)ヤエンの発射です。
暫くするとイカが「グイーグイー」(表現が下手ですね)と引いて来ました。
多分、ヤエンが到達したのだろうと思った私は強引にリールを巻き、合わせのタイミングを見計らっていると「フッ」と反応が消えてしまいました。
バラシです。
仕掛けを上げてみますと、ヤエンに粘着物(イカ)が付いており、掛りが甘かったみたいです。
ヤエンがイカの体に触ってなかったら、同じ餌に執着して再度食って来るのですが今回はダメでしょうね。
エサは沢山あるので次を期待して振り込みますが、それから数回アタリが有り、全て外してしまいました。
釣友も数回アタリがあり、2杯目は私のタモ入れ失敗でバラシ。
全くツイて無い釣行でした。

夕食はラーメンです。
007a_20170124092618a8c.jpg

005a_201701241023283a0.jpg
  1. 2017/01/24(火) 09:33:13|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釣ファン17.3月号

船間の釣場を紹介しています。

tsurifan_ks9270374_20170120172515e44.jpg

特集1は「2017年はサスペンドラインに熱視線」。特集2は「転ばぬ先の磯靴」。特集3はシリーズ掲載「エサ釣り師のための超入門ルアー講座」。今回は、冬場の人気ターゲット、メバル編。

その他、各地の実釣取材、豪華執筆陣による釣行記、コラムが満載。
九州・山口各県の有名書店、釣具店、コンビニ、またはYahoo!ショッピングの釣ファンストアでご購入いただけます。

外出先で見たり、釣行に持って行くことが多い方はスマホやタブレットから見られる電子書籍版(アマゾンKindleストア)もご用意しております!
  1. 2017/01/20(金) 17:22:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お礼

先日釣れたクロを釣友に差し上げた(シャブシャブ、刺身用に調理して)ところ、おでんを頂きました。
2回に分けて食べるので、2日分の夕食ゲットです。
次もお願いします(交換する魚が釣れた場合ですけど・・・)。

002a_20170119182204941.jpg
  1. 2017/01/19(木) 18:25:52|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地磯・・・2

暇だったので行ってきました。
夜が明けてから出発する予定でしたが、午前4時過ぎに目が覚め、その勢いで出発です。
釣場に到着すると駐車場には1台の車が止まってます。
「早いな~」と思いながら車で待機し、周りが明るくなったところで山を降りて行きます。
先客は右側の釣座に入っているので私は正面に釣座を構えます。
オキアミ1・集魚剤1.7kg・パン粉2kgこれが1日分です。
早速マキエをすると、潮は左に流れています。
希望としては右沖流れが良いのですが、当たって来る潮ではないので良しとしましょう。
竿は1.7号、道糸2.5号、ハリス2.5号で勝負仕掛けです。
数投目、パチパチと道糸が走りましたので、鬼合わせを入れて一気に浮かします。
型は30cmですがリリース。
更にアタリが来ましたので、竿が「ブン」と言うぐらい強力な合わせを入れますと、良型のフグが上がってきました。
「なんだエサ取りかよ。でも活性が高いね」と次を狙っていると又もやパチパチと道糸が出て行きます。
今度は軽く合わせを入れると・・・強力な引きが愛竿を絞り込み、一直線になってしまいました。
こうなると道糸を出すしか無いですので、禁断のレバーをOFFにして体制を整えます。
魚は沖に出て行きますのでクロではないと思いますが、竿を立て、角度を保ってゴリ巻でやり取りしていると「フッ」と竿から生命反応が消えました。
「しまった、切られたか」と仕掛けを上げてみると、針ハズレです。
悔やまれますが又来るだろうと頑張りますが・・・潮の流れが変わり、最悪の当て潮になってしまいました。
この潮では100%釣れませんので、潮替わりを待ちますが一向に変わる様子は無く、昼ごはん⇒昼寝をして過ごします。
干潮(午後2時)から上げ潮に変わった3時過ぎに、やっと右流れになりました。
納竿まで2時間弱ですので、ウキに集中していると一気に視界から消えて行きました。
「おうりゃ!」と合わせを入れると魚はグイグイ足元に突っ込んできます。
6時間振りのアタリなので、そう簡単に逃がしてなるものかと一歩前に出て耐えるだけ耐えていると魚が見えてきました。
少し白っぽく見えたのでイスズミかな?と少々ガックリして適当にあしらっていると、足元でクロがチラリ。
慎重に寄せて、何とかタモに入れる事が出来ました。
タモを引き上げて計ると46cm有ります。
50オーバーではありませんが、何とか1匹釣れたので嬉しいですね。
粘った甲斐がありました。
土産は出来たので後は50を狙いますが、44cmを1匹追加したのみで納竿の時間となりました。
帰りの山登りは、20分要して登り切りました。

出発です。
今朝は寒いですね!
003a_20170117141036f2f.jpg

急激な冷え込みが影響したのでしょうか、針掛かりが悪かったですね。
008a_20170117141038058.jpg

本日の釣果。
ウリボウはリリース。
019a_2017011714103957a.jpg

  1. 2017/01/17(火) 14:18:40|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

氷柱(つらら)

氷柱とかいて「つらら」と呼ぶのですね。
僕は「こおりばしら」と思っていました。
おやじ同様頭の悪さは家系ですね。

今日は寒かったですね。
BSアンテナに氷柱が下がっていました。
美味しそうに父ちゃんが食べているので「僕にもくいやい(ちょうだい)」と一口食べると・・・「つめて~」僕たち上品な犬は、口に合わないですね。

004a_20170115113640299.jpg

007a_20170115113642192.jpg
  1. 2017/01/15(日) 11:39:46|
  2. 管理人・恵太
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地磯・・・1

今シーズン2回目のクロ(メジナ)釣りです。
長期予報で釣行日を検討した結果,本日(12日)が風、波ともベストな状態なので決行です。
取り敢えずは港に立ち寄ると、内之浦の渡船は出港するみたいですので地磯へと急ぎます。
本来ならば夜が明けてから家を出発しますが、今回は早めに目が覚めてしまい、まだ夜が明け切らぬ内に現場到着してしまいました。
着いてビックリ!突風が吹いているではありませんか。
駐車場で準備をしている釣人に挨拶をして、状況を聞くと「風は強いが波は無いみたいです。先に降ります」と言って釣場に向かわれました。
他の釣場も検討しましたが、昼まででもやれればと背負子を背負って山道を降りて行きます。
お目当ての釣座は先客が準備をしていますので、私は右側に降りて行く事にしました。
釣座に着くと右からの風が吹いていますが、背を向けて釣れば何とかなりそうなので、先端にバッカンを置いて釣り開始です。
今回は「掛けたら獲る!」の信念で50オーバー対応の竿2号、道糸2.5号、ハリス2.5号、針6号を用意する予定でしたが、風が強く、竿の持ち重りがするのでいつもの1.5号を使用しました。
1投、2投しますが、エサが残ってきますので竿を握ったままスマホで潮見表を見ていると、何かが穂先を抑えています。
「何?」次の瞬間「ギューン」と海面に穂先が突っ込んで行きました。
思わず道糸を出そうとリールのレバーをOFFにしましたが・・・ハリスのチモトから切られてしまいました。
残念。
今度は集中しているとウキが馴染み始めた時に、一気に海面から消えて行きました。
合わせもバッチリ決まりましたが、引きが半端ではなく「ヤバイ」と少し弱気になって道糸を出した途端、潮受けの下から切られました。
残念、無念・・・。
「糸は絶対出さんぞ!」とドラッグを締めていたのですが・・・レバーを緩めてしまいました。
それ以降アタリは無く、午後3時、正面の釣人が帰り仕度をしている時にアタリ!。
これも良く引きますが私の敵ではありません。
型は30cm弱ですが、今日の目標50cmに程遠いのでリリースします。
そろそろ地合いでしょうか、今度は道糸がピーンと張りました。
「ドラッグシメシメ、レバーには触れないぞ」と固く決意し、合わせを入れると先程と同型が上がって来ました。
「いやいやこんなのではダメだよ」と再度振り込みますが又もや・・・。
時計を見ると午後4時半を指しているので、帰りの事も考えてここで納竿とします。
次回は「弱気になりません」・・・汗

005a_20170113172020a5d.jpg



  1. 2017/01/13(金) 10:13:35|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マジウマ

先日Iブラザースの弟(家庭内奴隷Z)からもらったクロをシャブシャブで食べました。
とろけるような美味しさでした。
料理指導は家庭内奴隷Zです。
なぜシャブシャブて言うか知ってますか?
「シャブシャブ」とゆっくりお湯にくぐらせるからですよね。
因みにお湯の中で混ぜ来るのは・・・「ジャブジャブ」と言います。
まっすくぐらせるのは・・・「ジャブ」です。
頭を洗うみたいに泡が出るまでくぐらせるのは「シャンプー」です。
仲間内もしくはご家庭で「今日はジャブ、ジャブジャブで食べた。うんめね(美味しい)」と楽しみましょう。

002a_20170110144044343.jpg

  1. 2017/01/10(火) 14:42:48|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大会中止だったので・・・

何時もの錦江湾へ行ってきました。
釣友と11時に出発予定ですが、外は雨です。
午後から晴天になる予報なので、天気予報を信じて出発です。
錦江湾に入ると青空が見えて来ました。
更に釣場は微風です。
「これは最高のコンデションやね」と、話しながら釣りの準備をしていると、天気の変わり目に吹く北西の風が吹いてきました。
釣りが出来ないほどの風では無いので1投目を振り込みます。
そして2投目。まだアジは寄ってませんのでマキエを利かす為に、どんどん打ち込みます。
「もう釣れて良いやろう」と思う時間になっても中々釣れません。
そこでウキ下をかなり深くしたところで何とか1匹釣る事が出来ました。
だが後が続かず、地区のサイレンが午後5時の時報を知らせる頃になっても、5匹のアジしか活かしバッカンに入っていません。
「今日は早めの納竿じゃっど」と話していると、近くで竿を出している釣人が「釣れた!」と話す声が聞こえました。
私も近くに仕掛けを落とすと・・・釣れだしました。
何とか日が暮れるまで15匹位ゲットしてヤエン釣りの開始です。
釣友はケミホタルをセットしてアジを狙うと、今までの不調はなんだったのだろうか?と言うくらい毎回アジが釣れ始め、エサの心配は無くなりました。
更に30cmクラスも釣れたので、3号竿をブンブン振り回しています。
一方ヤエンの方は全くアタリが無く、周囲を徘徊して時々竿のチェックをしていると、右側にセットした釣友の竿の道糸が緩んでいるのが気になります。
不審に思った私は、ソーッと竿を持ち上げてみると「グッ」とイカの反応がありました。
釣友に「来てるかもよ」と伝え,数回のやり取りの末800gをゲット。
イカが寄っているみたいなので全ての竿に集中しますが、私の竿に来たのは小型が多く、全て食べ逃げされてしまいました。
午後9時半、アタリも無いので帰る仕度をしていると釣友が「竿を巻くけどアジの反応が無い。ただ少し重たい」と訳の分からない事を言っているので「疑いが有る時はヤエン」の定説?道理ヤエンを落とすとコロッケサイズがバッチリ掛かって上がってきました。
今回はアジ、イカとも釣友に軍配が上がりました。

006a_20170109103943041.jpg

  1. 2017/01/09(月) 10:44:42|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釣大会中止

予想した通り、中止となりました。
昨年度は「釣大会大荒れ台無しオッサン」と散々言われましたが、今回の予定は日程協議に参加していませんので責任は逃れました。
暇なので日向夏、シークワーサーの収穫でもしましょうかね。

002a_20170107142120372.jpg


003a_20170107142122357.jpg

  1. 2017/01/07(土) 14:22:05|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釣大会

1月8日予定の釣大会、厳しいですかね。
おまけに雨も降ります。

cwmsjp_16_201701061407446bc.gif

あの~こういう時は拍手は要らないんですけど(爆笑)
  1. 2017/01/06(金) 14:09:00|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先日のクロは・・・

会社、釣友、姉に配り、残りはクロ漬けにしました(みりん+酒+醤油他)。
ただ、お茶漬けにするなら醤油とゴマだけで十分ですね。
久し振りに釣ると配るのも大変です(汗)

002a_20170104210656450.jpg



  1. 2017/01/04(水) 21:07:26|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

これから1年・・・・・。

明けましておめでとう御座います。
今年も適当に更新していきますので、お付き合い宜しくお願いします。
さて正月も元旦1日で飽きてしまい(朝から酔っぱらっていました)明日(2日)釣りにでも行こうかと思案中です。
渡船、地磯、イカ釣り・・・午前中から悩んでいますと同じ釣りクラブのSクンからメールが入りました。
「船間で49cmが釣れました。クロダービー登録お願いします」と。
更に同僚から「明日どこに行くのですか?。私も行きたいのですが・・・」。
ん~悩みますね。同僚には「ゆっくり起きて行ける地磯かな」と言いましたが,会長のIクンも船間に行くと言ってたよな。
「ヨッシ!船間に行こう」と同僚のWクンに連絡を入れ、渡船に電話すると3便との事です。

翌朝午前8時過ぎに港を出港した佐恵丸Ⅱは我々を磯に渡礁させ、港に帰って行きました。
釣場の急登を登り、先ずは一息入れます。
たまたま一便で左側の瀬に乗っていた同じクラブの「けんいちクン」に状況を聞いてみると何も釣れて無いとの事です。
出遅れ感のある私達でしたが、他の磯も釣れて無い見たいですので気合を入れて釣り開始です。
午前中良型のクロらしき魚をWクンがバラシ、午後からの勝負となりましたが午後3時私にアタリ。
右側のサラシ場に走られたら切られてしまうので強引にやり取りして、無事取り込みに成功しました。
型は47cmの良型です。
更に化け物のが襲って来ましたが道糸から飛ばされてしまいました(石鯛、キブ、アオブーと思われます)。
仕掛け一式取られましたので私はここで納竿。
最後まで頑張っていたWクンが納竿間際に良型イサキを釣り、先ず先ずの釣始めとなりました。

005a_20170103135429a35.jpg

今日はジンガサ、カメの手の入れ食いでしたと話す「奴隷荷役ポーターI君」。
今年もお付き合い宜しくお願いします。
026a_201701031354318da.jpg

カメの手畑。
020a_20170103175441357.jpg
  1. 2017/01/03(火) 08:55:21|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

鬼瓦松元

Author:鬼瓦松元
南九州を中心に縦横無尽に釣りを楽しんでます。
メインは磯釣りですがサーフ、ショアジギング、渚、堤防,イカ、ウナギ等旬の魚を追っかけてます。
年間釣行回数60回

当ブログは、独断と偏見で適当にUPしております。
誤字、濁点の間違い、文章の幼稚さ等プロのブロガーではありませんのでご了承下さい。
またトーナメントでの釣り等そのような内容を期待している方は申し訳ありません。
旬の魚を釣って食す・・・これが基本テーマとなっております。


都城シブ研
都城サーフ
九州真ぐれ会宮崎
宮崎飛翔会
都城メイタ会
都城ヤエン会
都城背負子アングラーズ
都城オイカワの会

最新記事

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ご訪問有難う御座います

7.8オンライン

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
647位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
105位
アクセスランキングを見る>>

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア