FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

飛翔会大会・甑里

お待たせしました。
年1回の飛翔会合同釣大会開催です。
熊本飛翔会の爆進を止める策として、真ぐれ会宮崎よりS君、国分橋の下会のkuroさんのサポートで今回は1.2.3.を狙います。
出港は午前4時ですが、宮崎飛翔会のY&Y氏達は1時から来ているとの事です。
事前の情報では「好調」、更に真ぐれ会宮崎のM君の話では「甑は釣れてますよ。楽しみですね」何て言われて釣り気満々です。
更に更にIさんの話は「昨日は1人で30枚上げたらしく、2人の所は40数枚釣れたらしい。楽しみバイ」なんて言うものだから気分はレッドゾーンを完璧にオーバーしてしまいました。
私は足の調子が完璧ではないので、杉村君と組んで沖ノ島のスベリに渡礁します。
私は休憩していますが、杉村君は早速電気ウキで釣り開始です。
「夜は釣れんよ、ゆっくいしちょいやい」と話しているとウキがモジモジ入っていきました。
合わせを入れますが空振り。
次のアタリは完璧に捉え、40弱のクロをゲット。
それを見ていた私も、急いで準備して釣り開始、ただし電気ウキは持って来て無いので道糸の動きでアタリをとります。
数投目、一気にスプールから道糸が放出されました。
有無を言わせずに足元に寄せた魚は35cmのクロでしす。
更に杉村君が1匹釣り、ウキが確認できる頃、私が1匹追加。
「やはり情報は本当だったね」と話しながら朝マズメに期待しますがそれ以降何も釣れなくなりました。
エサが残るようになったので、ウキを沈めて全棚を探ると、時々アタリは有るものの針外れが多発して食いが非常に厳しい状況とです。
一方杉村君は、左沖の本流に狙いを定めて流しますと・・・竿引きのアタリに襲われました。
かなりの大物でしょうか、中々浮いて来ません。
華麗な竿捌きで何とか足元まで寄せたものの、足元のガマに入られてしまい高切れしてしまいました。
その後も数回アタリを捉えるものの、手中にする事が出来ず、午後12時20分納竿としました。
結果は後日報告します。

沖の瀬 スベリ
016a_20171129134435042.jpg

私の釣座
クーラーに座ってゆっくり竿を出せました。
004a_20171129134431d55.jpg

「釣れてますか~?」と蝶栄丸
008a_201711291344335eb.jpg

厳しい中、良型「カツオ」ゲットの杉村君。
まるまる太って美味しそうでした。
羨ましい。
014a_20171129134434c05.jpg


スポンサーサイト



え~ん!

事前情報では絶好調だったのに・・・。

050a_20171127101847370.jpg

これで良いかな?

明日は飛翔会の大会です。
一番の楽しみは、最後の抽選会です(魚の入賞は厳しいので)。
そこで何か1品持っていこうと家の中を探すと・・・ありましたよ。
以前下関に行った時に、義兄から頂いた山口のお酒です。
私自身清酒は飲まない(ビール党)のでこれに決定!
名前は「獺祭」と書いてあり「DASSAI」とも書いてあります。
「ダサイ?ではなくだっさい」と呼ぶみたいですね。
「これに決めた!」と箱を開けてみると1本足りません」。
そういえば以前、イサキの明太子を作る時に使った事を思い出しました。
これでは美味しくない?いやマズイと思い、ドリンク剤を入れました。
ゲットされた方、申し訳ありません(ぺこり)。

002a_20171125112259314.jpg

003a_201711251123001b3.jpg

004a_20171125112302b29.jpg

近況・釣りの話題がないので・・・

都城近郊に展開するスーパー「ハーティーながやま」に買い物に行ってきました。
買い物を済まし、帰ろうとするとレジの横できれいなおねえさんが「カード切り替えましたか?」と私に問いかけてきました。
「んにや、まだしてないよ」と話すと「こちらにどうぞ」と手招いてくれます。
「おねんさんが対応してくれるぞ!ラッキー」と喜んで付いて行くと裏側は少々年を増したおばさんが座っているではないですか。
「おねんさん対応しないの?」と振り向くとおねんさんは次のお客さんの対応をしています。
担当のおばさんは「ハイカード出して下さい。(私も若くてカッコいい男性が良いわ)」なんて顔をしてテキパキと話が進み新しいカードと商品券を頂いて店を後にしました。
晩秋の1日でした(汗)

001a_20171125090609741.jpg

海況

日曜日の飛翔会大会(甑)大丈夫そうですね。
8ヶ月振りのクロ釣りです。

cwmsjp_24aa.jpg


釣ファン17.1月号

私の記事は都井岬荒崎3番の紹介です。

11月25日発売です。
201801_hyo1_1600-326x400.jpg

今月の特集は「釣りに集中するための防寒便利アイテム」。特別企画・旬の美味い魚を楽しむのテーマは「タチウオ」。

その他、各地の実釣取材、豪華執筆陣による釣行記、コラムが満載。
九州・山口各県の有名書店、釣具店、コンビニ、またはYahoo!ショッピングの釣ファンストアでご購入いただけます。

地域の安全

こんなメモ紙がポストに入っていました。
地域を管理する祝吉交番のお巡りさんからです。
巡回していただくと安心して暮らせますね。

002a_20171119084037d6e.jpg

そんなお巡りさんも不審者とみなし(ギャル、熟女には吠えません・・・恵太)吠えられたのではとさっします。
申し訳ありませんでした。
019a_20171119084036ada.jpg

レモン

朝晩の寒暖差も大きくなりましたね。
釣りしている時は全然感じないのですが・・・。
我が家のレモンも色づいてきました。
アジ寿司に絞ると美味しいですよね。
次回はアジ釣りに行こうかな(汗)

001a_20171116170300ebd.jpg

激務・・・疲れた編

1週間釣友の休みに付き合いまして、仕事→釣り、仕事→釣りの繰り返しで少々疲れ気味です。
それでも錦江湾での「パチパチ」が忘れられず、単独釣行を計画しました。
プランは2つ。
1:渚釣りの前提となる干潮が朝の8時ですので早朝に出発。
2:目が覚めた時に出発して、適当な場所で竿を出す。

結果は朝5時半に目が覚めて、6時出発です。
釣場には7時前に到着して早速釣り開始ですが、今回はフグの猛攻に合いエサが全く持ちません。
2時間程竿を出しましたが、アタリは1回のみでそれもフグでした。
これでは話にもなりませんので桜島に移動です。
風裏となる釣場で早めの昼食を食べて竿を出しますが、こちらはエサも取られません(フグは足元に居ます)。
後ろから「釣れますか?」の声に振り向くと、ここの釣場で良く合う○○クンです。
今日は昼までの予定で釣りに来た事ですが、朝一番に大物に切られたとの事です。
暫く情報交換して彼は帰って行きましたが、私はまだまだ粘るつもりです。
ただ状況が余り良くないので、早めに帰ろうかなと思い始めた午後3時過ぎ、左流れの潮に仕掛けを流していると道糸が「パラパラ」とスプールから出て行きました。
合わせを入れると結構な引きが愛竿を曲げてきます。
慎重にやり取りして足元に浮かした魚は43cmのチヌです。
「よくぞ来てくれた!」と感謝して次を狙っていると又もや道糸が走りました。
1匹釣れた余裕かすぐに足元に寄せましたが、それからの反撃が半端ではありません。
竿の反発力で何とか耐えて足元に浮かしたのは先程と同じチヌですが52cmの良型です。
午前中のストレスを発散するために次なる大物を狙いますが、それ以降は潮も変わってしまったので午後5時納竿としました。

「あ~楽しかった」と余韻に浸っている場合ではありません。
早く帰らないと日が暮れます(汗)。
008a_20171114173155205.jpg

釣果です。
魚達に感謝です。
006a_2017111417315538c.jpg

「良い子のみんな、こんな釣バカオヤジ?いやおじいちゃんにならないように確りゲーム?いや勉強しましょうね」孫代表 片寄遥哉
003a_20171114173152e77.jpg







激務・・・釣行編Ⅱ

鬼瓦さん仕事首になったの?と聞かれそうですね(大汗)。
今回は志布志湾です。
海水も透き通っており期待感ありますよ。
取り敢えずは竿2本先を狙っていると棒ウキが「スッ」と海面から消えました。
棒ウキ独特のアタリですね。
チヌかも知れないので暫く様子を見て合わせを入れると、足元に突っ込んできました。
「何?」と、手前のテトラに切られないようにゆっくりやり取りすると、良型のクロが浮いてきました。
慎重にタモ入れして計測すると40cmあります。
今の時期では良型ですね。
「今日は良いかもよ」と釣友に話し、マキエを打つ手も力が入りますが、それ以降全く潮が動かなくなり、日が暮れてからも頑張りましたが釣れたのはクロ1匹のみでした。

002a_201711111757452d2.jpg

激務・・・釣行編

今回も暇を見つけて行ってきました(汗)。
潮見表を見ますと午後2時過ぎが干潮ですので、久し振りの渚釣りです。
我が家から1時間の距離にある釣場ですので近くに感じますね。
午前中「はめっけ(働いて)」てから来ましたので、到着は昼前でした。
急いでマキエを作ります。

6時間分です。
001a_201711082131114a3.jpg

釣場はこんな所です。
002a_201711082147330c9.jpg


小型棒ウキ使用の場合は、浮いているウキでアタリを取りますが、沈ませの場合は道糸の動きを見ます。
クーラーに腰掛けてマキエを打ち、道糸のみを適当に見ています(汗)。
006a_20171108213556ab6.jpg

途中から小雨になりました。
それでも頑張っている私です(座っているだけですが・・・)。
貧者ごろの釣友は、流木を竿受けにして竿を出しています。
竿を持つのは仕掛けを振り込む時と、やり取りする時です。
008a_201711082140337bb.jpg

そんな「よだきんぼ」な釣りですが、大物が襲ってきて2人合わせて6回ほど沖の駆け上がりで切られ、釣友3個私1個ウキをロストしました。
012a_201711082140360ac.jpg

さびしい・・・

17年度プロ野球はソフトバンクホークスの優勝で終了しました。
ホークスファンの私は主催ゲームを中心にTV応援していましたが、来年の3月末までお休みとなります。
一抹の寂しさを覚えますね。
そこで暇?ですので、野球に一切興味のない釣友と今回も錦江湾へと向かいます。
今回のメニューはフカセでチヌ→アジ→イカ又はカマスとなっていますので、車のトランクは積載オーバー状態となっています。
出発は午前10時。
途中弁当等を買い込み、現場到着は12時前です。
先に昼食をとりたかったのですが、取り敢えずは1投と釣り始めます。
今回のウキは黒魂ジョーカーの0号にホルダーをセットした仕掛けです(ウキ止めはありません)。
前回52cmが釣れた釣場ですので、今にもウキが入りそうですが今日はどうしたことかエサ取りが多く、釣友はフグにハリが取られぱなしです。

執拗にフグと戦った結果・・・釣友やりました。
50.5cmのチヌです。
002a_20171106110404405.jpg

地区の5時を知らせる音楽で納竿。
第2ラウンドの海潟港へ向かいます。
日曜日の夕方なので釣人が少ないと思いきや・・・ほとんどの岸壁が埋まっており、我々は湾内の船溜まりで竿を出す事にしました。
アジが釣れたら泳がせ仕掛け(アオリイカ)を入れるつもりですが、肝心のアジが釣れません。
そこで日が暮れてから港の様子を見に行くと、倉庫の先が空いていましたのでそちらに移動します。
流石に外側はポツリポツリと良型(ここでの良型はアオリイカのエサとなるサイズです)が釣れますが、肝心のイカが食付いて来ません。
午後10時、アタリが無いので帰り仕度をしていると端に投げ込んでいたヤエン仕掛けのリールが「ジージー」と鳴きはじめました。
暫く様子を見て、竿を煽ると重々しい引きが伝わってきます。
釣友にヤエンを入れてもらい、イカ目掛けて落としますが「フッ」と穂先が軽くなりました。
バラシです。
地合いかも知れませんが、今の時期のイカは型が小さく、ヤエンに掛かる確率は少ないので納竿としました。
アジ、イカとも遅れているみたいですね。
釣れだすので12月位からでしょうか。

昨年は良く釣れました。
011a_201711061104056cd.jpg

快晴

今シーズン余りにも天気に悩ませれましたので、釣りのストレスはレッドゾーンを軽くオーバーしています。
と言う「言い訳」で月末行ってきました。
たまには磯釣りに行きたいのですが、ドクターストップ(骨折)の為、今回も岸壁からの釣りです。
前回志布志湾でしたので、今日は錦江湾方面に車を走らせます。
午前10時に都城出発しまして、現場着が11時過ぎ。
平日とあって現場には誰も竿を出していません。
先端付近に釣場をかまえて、オキアミ1角にチヌテン1袋、更にパン粉を加えて貧者ゴロマキエ完成です。
ツケエはオキアミ生(マキエからとったもの)のみです。
潮は良い感じに流れてますので期待マックスです。

快晴快海です。
005a_20171101164115752.jpg

昼も近いので腹ごしらえ。
003a_20171101164118c41.jpg

捨て竿にこいつが襲ってきました。
コチはフカセで釣れました。
010a_20171101164118302.jpg

勝負チヌ渚4号がバッチリ針掛かりしています。
007a_201711011641216dc.jpg

久し振りの50オーバー(52cm)を釣りました。
014a_20171101164119341.jpg

仕掛け
竿:極翔1号
ウキ:大知60
道糸:フロストンフロート1.7号
ハリス:ジョイナーV2-1.7号
針:勝負チヌ渚4号