FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

激務・・・疲れた編

1週間釣友の休みに付き合いまして、仕事→釣り、仕事→釣りの繰り返しで少々疲れ気味です。
それでも錦江湾での「パチパチ」が忘れられず、単独釣行を計画しました。
プランは2つ。
1:渚釣りの前提となる干潮が朝の8時ですので早朝に出発。
2:目が覚めた時に出発して、適当な場所で竿を出す。

結果は朝5時半に目が覚めて、6時出発です。
釣場には7時前に到着して早速釣り開始ですが、今回はフグの猛攻に合いエサが全く持ちません。
2時間程竿を出しましたが、アタリは1回のみでそれもフグでした。
これでは話にもなりませんので桜島に移動です。
風裏となる釣場で早めの昼食を食べて竿を出しますが、こちらはエサも取られません(フグは足元に居ます)。
後ろから「釣れますか?」の声に振り向くと、ここの釣場で良く合う○○クンです。
今日は昼までの予定で釣りに来た事ですが、朝一番に大物に切られたとの事です。
暫く情報交換して彼は帰って行きましたが、私はまだまだ粘るつもりです。
ただ状況が余り良くないので、早めに帰ろうかなと思い始めた午後3時過ぎ、左流れの潮に仕掛けを流していると道糸が「パラパラ」とスプールから出て行きました。
合わせを入れると結構な引きが愛竿を曲げてきます。
慎重にやり取りして足元に浮かした魚は43cmのチヌです。
「よくぞ来てくれた!」と感謝して次を狙っていると又もや道糸が走りました。
1匹釣れた余裕かすぐに足元に寄せましたが、それからの反撃が半端ではありません。
竿の反発力で何とか耐えて足元に浮かしたのは先程と同じチヌですが52cmの良型です。
午前中のストレスを発散するために次なる大物を狙いますが、それ以降は潮も変わってしまったので午後5時納竿としました。

「あ~楽しかった」と余韻に浸っている場合ではありません。
早く帰らないと日が暮れます(汗)。
008a_20171114173155205.jpg

釣果です。
魚達に感謝です。
006a_2017111417315538c.jpg

「良い子のみんな、こんな釣バカオヤジ?いやおじいちゃんにならないように確りゲーム?いや勉強しましょうね」孫代表 片寄遥哉
003a_20171114173152e77.jpg