FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

クロの白子

ネットで調べて適当に調理しました。
美味しかったです。
右上はクロのズケです。

002a_20180331133320717.jpg

Spring Is Nearly Here

桜の季節になり、日中も過ごしやすくなりましたね。
毎年恒例の春がいっぱい(Spring Is Nearly Here)です。
イギリスの「シャドウズ」の名曲ですが、今回は高中クンの演奏です。
ヤマハのSGでは無く、イギリス製のBurnsが憎いですね。



地磯Ⅶ・・・最終章

前日寝たのが午後9時半でしたので、目が覚めたのは4時半でした。
これ以上寝れそうにもありませんので出発です。
道中の地磯には、殆んど車が駐車していませんので「釣れたないのかな?」と不安が横切ります。
目的の地磯にも釣人の姿は無く、正面の釣座に降りて行きます。
マキエ(オキアミ1角、集魚剤グレゼロ1袋、パン粉2kg)を半分混ぜ合わせ、残りは後半に作ります。
台風の影響なのか、少しウネリがありますので波静かな場所を選んで釣り開始です。
8時から11時半間、魚からの反応は全くなく、早めの昼ごはんとします。
食事も終わり、海況は変化無いようなので昼寝でも?と思いましたが、マキエが余りそうなので竿1位先を中心に狙うと・・・ウキがゆっくり入っていきます。
道糸が「ピクリ」と動いた瞬間、大合わせ。
足元に突っ込んで来ますが、竿のパワーで交わし、竿の角度に注意しながらタモ入れ場所まで導きますが、首を振るような感触が伝わってきます。
「ヒツオ(イスズミ)かな?」と覗き込むと・・・クロでした(笑)。
波を利用して掬ったクロは40cmでまるまる太っています。
ボーズを逃れた安堵感で最高の気分です。
先程釣れたポイントの仕掛けを入れ、釣友に「1匹釣れたぞ!」とメールで報告しようとした瞬間、又もやウキが入りました。
慌てて合わせを入れると強力な引きが愛竿を曲げてきます。
糸を出したら切られるのは分かっていますので必死に耐えていると、タモ入れ場所の方に魚がグイグイと引っ張って行きます。
私も磯の上を魚に合わせて歩き、一気に浮かしにかかると魚も観念したようにゆっくりと姿を表わしましたが「デカイ!」。
「外れるなよ」と願いながらタモを落とし、やっとの事で掬う事が出来ました。
垂直にタモを上げないといけませんので重い重い。
やっと磯上にクロを寝かせ、計測してみると49.5cmです。
何度か引っ張ってみて、後5mmを期待しましたが・・・無理でした。
魚をスカリに入れ、再び先程のポイントに仕掛けを入れ3匹目を狙いますが地合いは終わったのかアタリはありません。
その後は潮が動いていそうな場所を転々としながら3匹追加。
午後4時過ぎ、船間の渡船が港に帰って行ったので「そろそろ帰ろうかな」と残ったマキエをバンバン打っていると竿引きのアタリに見舞われました。
どうしても竿を立てる事が出来ず、糸を出して体制を整えます。
「これは50オーバーだぜ」と慎重にやりとりして海面下で確認した魚は「サンちゃん(ニザダイまたはサンの字)」でした。
これで踏ん切りがついた私は納竿。
魚の重みで背負子はずっしりと来ますが、釣果の喜びで楽勝な山登りでした。

日中は半袖で過ごせました。
021.jpg

後5mmで50cmでした。
引っ張っても伸びませんね(汗)
022a_20180329161831b75.jpg

最後に来たサンちゃん。
引きは強力でした。
024a_201803291618334d6.jpg

釣果です。
ここの釣場は、来シーズンまでお休みです。
026a_201803291618312f2.jpg

地磯Ⅶ・・・予告

4月に九州真ぐれ会の大会は有りますが、地磯で狙うクロ釣りは今回が最後となります。
年度末で仕事の方も忙しかったですが、一段落しましたので「集魚剤処分」と称して行ってきました。
クロも終盤ですので期待はしていませんが、1匹でも良いから釣りたいですね。

一昨日は息子の引越し手伝い、昨日は病院→宮崎仕事で少々疲れ気味ですが、地磯は時間の制限が無いので出発は何時でも大丈夫です。
「目が覚めたら出発!」と言う訳で、疲れ気味の体を癒す意味で早めの就寝です。
結果は明日報告しますが、昨日は宮崎に行った序に「花見見物」と洒落込みました。

008a_2018032820585886c.jpg

003a_2018032821351899f.jpg

015a_20180328213517588.jpg



釣ファン18・5月号

私の投稿は桜島避難港です。

201805_hyo1_1600-326x400.jpg


今月の特集1は「春チヌ初級講座 大型は藻場を狙え」。特集2は「基本のアジング&目指せ! 大アジ」。特別企画・旬の美味い魚を楽しむのテーマは「メバル」。

その他、各地の実釣取材、豪華執筆陣による釣行記、コラムが満載。
九州・山口各県の有名書店、釣具店、コンビニ、またはYahoo!ショッピングの釣ファンストアでご購入いただけます。

外出先で見たり、釣行に持って行くことが多い方はスマホやタブレットから見られる電子書籍版(アマゾンKindleストア)もご用意しております! 下記リンクの紹介ページからアクセスできますのでご利用ください。

地磯Ⅵ・・・記録更新篇

「地磯Ⅵ?地磯Ⅴじゃないの?」とお気づきの方。
地磯Ⅴはヘダイが1匹のみでしたのでUPしませんでした。

今回は昨年末大人買いした集魚剤を処分する為に行ってきました。
処分と言っても捨てる訳ではないので、当然エサも購入して竿をだします。
今の時期、1匹でも釣れたら御の字ですので朝8時に家を出発。
山を降りて午前10時30分からの竿出しです。
潮は澄み切っていますが、流れが今一つでどうも釣れる気がしません。
そこで沈み瀬がある釣座に移動して、沈み瀬の際にマキエを集中して打ち、仕掛けを入れていきます。
ここの釣座は足元にも沈み瀬が点在する為、道糸、ハリス切れのリスクはありますが、それは掛けた後の事ですので取り敢えずは魚を掛けない事には話が進みません。
1投目,潮の流れが気になりますが殆んど動いて無いように思われます。
「ここも期待薄かな・・・」とマキエに集中している間にウキを見失ってしまい、糸の出先を確認していると道糸が「パラパラ」と指を弾きました。
思わず合わせを入れると信じなれない位に竿を曲げてきます。
糸を出したら切られるのは分かっていますので、竿を一定の角度を維持しながら引っ張るように移動すると何とか沈み瀬をクリアー。
今度は足元に突っ込もうとしますが、竿の弾力を利用し強引に浮かしに掛かります。
それでも右に左に動きますが竿の角度を維持して耐えているとやっとの事で魚が浮いてきました。
タモを延ばして掬おうとしますが、今は干潮時ですのでタモがギリギリです。
思い切り短い手を伸ばして構えていると波で寄せてきた瞬間、網に入れる事が出来ました。
磯上に上げ、計測してみると53cmあります。
クロの自己新記録です。
このまま帰っても良いのですがマキエが10分の9残っていますので次を狙っていると・・・又もやアタリです。
今度のも良く引きますが、40cmがスムーズに浮いてきました。
それ以降2匹(48cmと35cm)追加しましたが、3回バラシ(ハリス切れ2回針外れ1回)で悔しい思いをしました。

竿:ニッシンV3弾1.5号・5.3m
ウキ:キザクラIDR/ento0号
ハリス:ダイヤフィッシングV2 2号→2.5号
道糸:ダイヤフィッシングフロストン誘Ⅱ-2号
針:キンリュウ勝負グレ5号
マキエ
オキアミ1
ヒロキュー グレゼロ1袋,
パン粉2kg

海上は凪に近いです。
002a_2018031514554781a.jpg

釣果です。
013a_20180315145426e35.jpg

記録更新です。
53cm 2.1kg
020a_2018031514542736f.jpg

ジャン!

魚がいました。

016aa.jpg

詳細は夕方まで待ってくださいね!

集魚剤

今シーズン用のクロ用集魚剤をまとめ買っていましたが・・・クロ釣りに余り行ってませんので在庫を抱えています。
何とか処分?しようと今日地磯に行ってきます。
期待は出来ませんが釣れたら報告します。

005a_20180314220629353.jpg

ヒシャク

以前、モニターをやってました某メーカーのマキエヒシャクは、尻手ロープを取り付けるところがありません。
私みたいな初心者に毛が生えた位の釣人はマキエと一緒にヒシャクを放り投げたり、バッカンから落ちてしまったりと色々ありましたので、メーカーより別売りの紛失防止用尻手ベルトと言うのを巻いてロープをつないでました。
ただ紛失防止用尻手ベルトは、手の甲が当る所で違和感を感じ、ケーブルタイを巻いてロープをつないでましたが、ポイントに良い商品がありました。

002a_2018031318220256b.jpg

006a_20180313182200286.jpg

004a_2018031318220242f.jpg

撃沈アオリ・・・錦江湾

激務と時化が続き、中々釣りに行けませんでしたが久し振りに風向きが良いので錦江湾へ行ってきました。
但し午後からの出発で、明日は1日中仕事が入っていますので翌日の事を考えて午後10時までの釣りとなります。
前回イカがノーヒットでしたので、今回は3杯、いや1杯でも良いので釣り上げたいですね。

先客に状況を聞くと全然ダメとの事で、日が暮れてからの勝負となるみたいです。
日暮れまでに2時間程時間がありますが、マキエのつもりで仕掛けを打ち返しますがエサ取りさえ釣れません。
ケミホタルをセットした2投目、待望のアタリです。
上がって来たアジは、イカのエサに最高のサイズです。
早速泳がせ仕掛けにアジをセットして放り込みますと、元気に泳ぎだしました。
イカが近くに居たら必ず当たって来ると思います。
アジも好調に釣れますので2匹目はヤエン、3匹目は釣友が泳がせにセットしました。
エサになるアジも好調に釣れると思いきや、型がだんだん大きくなってきます。
それでも5匹良型(良型とはイカのエサに丁度良いサイズです))?が釣れたのでイカ釣りに集中しますが・・・。
全くアタリは無く、エサのアジも弱まりません。
更に追い打ちをかけるように右方向から突風が吹き出し、寒さも手伝って早めの納竿となりました。

桜島です。
003a_20180312183102151.jpg

お持ち帰りです。
006a_20180312183104a8d.jpg


ゆうゆうパス

イオンのGSで使う「ぺトラス割引券」の有効期限が2月28日まででした。
今回は期限が過ぎているので、3月からの「ぺトラス割引券」を貰わないとガソリンが安くなりません。
運転免許所を提示して年齢を確認をしてもらい、これから1年分の「ぺトラス割引券」を貰わないといけないので給油のついでに事務所に行くと、若いおねえさんが「どうぞ」と何も言わないで割引券を私に渡してくれました。
「年齢確認は?」と言いそうになりましたが、見た目で判断されたみたいですね(当たってますが・・・)。

また1年間お世話になります。
003a_20180306113003659.jpg

真ぐれ会宮崎還暦釣大会

これでは厳しいですね!

cwmsjp_08.gif

今年度の時化男決定です。
勝者は・・・ドンタ極貧Iクンです。
4大会計画中1回開催、開催率は25%です。
因みに前々回計画しました私の開催率は0.00%でした(全て時化でした)。
来年度は第三者委員会で決めてもらわないといけませんね。

大会景品

日曜日に開催予定「真ぐれ会宮崎還暦釣大会」。
私財投げ打ってちんみ銀行券を買ってきました。

100万円です。
002a_20180301155624354.jpg
中止の場合はビールのおつまみです。