FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

GW・・・地磯篇

午前中の仕事を終えて帰宅すると釣友から連絡。
「あんよ、いお(魚)ついけ行かん?」と、釣りの誘いです。
「良いけどさ、僕明日仕事なんだ。地磯とかの半夜釣りだったら良いよ」との事で、準備?していた釣具をトランクに放り込んで出発です。
太平洋側は時化気味なので、釣場はホームグランドの佐多岬西側の最短地磯です。
幸い釣場には先客は無く、背負子を担いで5分で着。
道路下の地磯ですので期待はしていませんが、日が暮れるまで下手なショアジギングで遊んでいると・・・やらかしましたジグ2個ロスト。
早々に諦めて夜釣り突入です。
潮は佐多岬湾口方面に流れてますのでベストの潮です。
ウキ下を竿2本半で流していると早速ウキが海面から消えていきました。
「おうりゃ」と大合わせを入れると、強力な重量感です。
「ふて(大きい)かもよ」とリールを巻きますが一向に寄って来ません。
それでも魚と信じて極限まで竿を曲げると、リールも巻けなくなりました。
「???」根掛りです。
一式仕掛けを失い、再度仕掛けを作り直して釣りを開始しますが、数投目、欲を出して遠方まで流していると又もや根掛りをやらかしてしまいました。
今度も強力に地球を掛けて一式ロスト。
釣友はウキ下は竿1.5本位で流していますので問題ないみたいです。
「鬼瓦さん、学習能力無いね。根掛りしたらウキ下を浅くするもんだよ」と指摘され、私も釣友にウキ下を合わせます(とは言うものの釣友よりか一ヒロ位深くします)。
それ以降は根掛りする事無く快適な釣りですが、魚の気配は全くなく、午後10時納竿しました。

釣場です。
非常に足場は良いのですが、満潮時には孤立します。
006a_201805011542553b1.jpg

ゴールデンウイーク

1日目・・・仕事。
2日目・・・午前中仕事。
      終わってから月末の締め。
3日目・・・午前中仕事。

暇を見つけて、半夜釣り(地磯)でも行ってきましょうかね。
用意はしました(汗)。

002a_20180429080622702.jpg

久し振りのアジ釣りです。

土曜日(21日)イサキ釣りを計画していましたが、仕事の関係でどうも行けそうにありません。
その事を釣友に話すと「錦江湾のアジ→イカ釣りなら日が暮れてから釣れるから良いかもね。」との事ですので、急いで仕事を済ませて午後4時半すぎ錦江湾向け出発です。
久し振りの錦江湾ですので状況は無に等しいですが、お目当ての港はアジ釣り(遠投カゴ)餌木が竿を出していますので少しは期待できるかもしれません。
マキエを準備して釣りを開始しますが、夕方は全くアタリは無く、とうとう夜の帳が降りてしまいました。
「今日は早めの帰還かな?」とウキのヘッドにケミホタルをセットし、釣りを再開すると今までの状況が一変してアジが釣れだしました。
私が2本、釣友が1本泳がせ用の竿をセットしてイカ釣りを始めますが・・・イカは全くアタリがありません。
アジも好調に釣れていたのですが、午後9時位からパタッと食いが止まり、周りの釣人も帰り支度を始めました。
午後10時半、釣人も居なくなったので我々も納竿としました。
イカが期待できませんので次回はイサキ釣りでしょうか?

大きめのアジはお持ち帰りです。
002a_20180424140238b09.jpg

極貧生活・・・バッカンファスナー引き手

以前修理しました地磯用バッカンのファスナー引き手が破損してしまったので開閉が非常に不便です。
先日の大会で、キザクラのバッカンを頂いたのでこの際「処分」も考えたのですが、地磯では「投げる、落とす、詰め込む、曲げる、座る」等酷使しますので、新しいバッカンは勿体ないような気がします。
近所の100均で探してみますが、置いて無いとの事。
そこで・・・・・デニムのはぎれがありましたので100円で購入、自作する事にしました。

年季が入っていますね。
001a_20180422111330cc4.jpg


003a_201804221113326e0.jpg

接着剤を塗ります。
008a_20180422111333ab3.jpg

台所の食台で圧着します。
009a_20180422111335ff9.jpg

Wリング(ステンレスと思ってましたらニッケルでした)。
007a_20180422111332d0b.jpg


011a_20180422111403d35.jpg

完成。
暫くは活躍しそうです。
016a_20180422112522ed4.jpg

早水公園・あやめ

満開で見頃です。
日曜日はあやめ祭りです。

022a_20180420162717aa7.jpg

028a_201804201627199b0.jpg

023a_201804201627191e1.jpg

031a_201804201627210ab.jpg

九州真ぐれ会懇親釣大会・其2

さて先週土曜日に行われた大会報告です。
状況からして「渡船は中止か!」と思っていましたが、さすが北浦、風裏になる釣場があるものですね。
16番くじを引いた私は、同じ宮崎のMクンと「ビシャゴ」と言う瀬に渡礁。
ポイントと思わしき先端釣座をMクンから勧められて、釣り開始です。
ところが・・・午前9時頃から予想どうり雨が降り出し、海上も時化模様となってきました。
10時過ぎにI支部長から「時化てきますので納竿です」との連絡。
急いで片付けて今回の釣りは終了となりました。

ビシャゴ先端(凪の時が釣れるそうです)。
005a_20180418090116c07.jpg

柴原会長。
後姿も絵になります。
014a_20180418090119018.jpg

宴会(右側のデカ頭は宮崎支部のKクン)。
019a_2018041809012068a.jpg

記念写真。
023a_20180418090118c26.jpg

昨日は・・・

延岡の釣大会から帰り、暫く家で休憩してから早鈴のイオンへ。
同級生のM君んがヤマハ音楽教室のコンサートに出演するという事で応援?に行ってきました。
教室に通って3年との事ですが、かなり上手に吹けたみたいです。
機会がありましたらセッションしましょう。

DSC_0126a.jpg

九州真ぐれ会懇親釣大会・其1

大荒れの中、無事終了となりました。
25周年大会と言う事で、各釣り具メーカー及び有名釣師からたくさんの協賛頂きました。
今回、私はくじ運が良く、景品をたくさんゲット。
楽しい釣大会でした(笑)。

027a_2018041607380587f.jpg

ブルーベリー

満開です。
今シーズンもたくさん収穫できそうです。

001a_20180413101418664.jpg

003a_201804131014203ea.jpg

花見客もいますね。
005a_20180413101420af8.jpg

第25回九州真ぐれ会 全九州懇親釣大会計画書

宮崎支部主催の「第25回九州真ぐれ会 全九州懇親釣大会」が土曜日に開催されます。
天気が気になるところですが、磯に出れない場合は堤防で懇親会やれますので楽しみです。


詳細はコチラ!

真ぐれ会宮崎HP

車が・・・

イオンのガソリンスタンドで給油し、エンジンを掛けますが全く反応しません(汗)。
更にハンドル、ギヤーまでロックされてしまいました。
店員さんにヘルプを求めますが、全く車の事は分からないとの事。
セルフ給油ですので次の車が入ってきたら邪魔になると思い、店員さんに運転席に座って私が後ろから押しますが、2メートル位進んだところで「ハンドルがロックされて怖い」と車から降りてきました。
給油する場所は余裕が出来ましたので「ここに置いてて構わないですよ」と嬉しい一言。
「こんな時こそJAFを呼ばないと」と携帯をバッグから取り出す序にスマートキーを取り出すと微妙にハンドルが動きました。
試しにエンジンを掛けると一発で始動しました。
結局原因は、スマートキーの電池が弱くなっていたと判明。
早速近くのホームセンターで電池を購入し、入れ替えました。

001a_20180411084518ac2.jpg

003a_20180411084520acf.jpg

焦りました。



留守してました。

長女(横浜在住)の次男が小学1年生になり、入学のお祝いに行ってきました。
元気が良いので幼稚園を卒園出来るのか心配でしたが、何とか小学生になれたので一安心です、

001a_2018041009223296a.jpg

洗犬

管理人恵太です。
オヤジが外に出てきて僕を見ています。
「何かくれるの?」と期待してニコニコしていると再び家に入り、レインウエアーのズボンと雨靴を履いて出てきました。

002a_201804021719156e8.jpg

嫌な予感は的中。
僕を洗うつもりでいます。
ロープで玄関に繋がれ「ちったつんてね」と言いながら水でバシャバシャ。
こんな感じです。

004a_201804021719168e3.jpg

倉庫から去年使った雑巾を持出し適当に拭かれます。
「恵太、後は日干しで乾くから頑張ってね」と言って、雑巾を洗う事なく倉庫に放り込みました(次回の洗犬でもそのまま使います)。
011a_20180402171917344.jpg

大会打ち合わせ

午後1時から5時まで水を飲みながら熱く話し合いました。
これで大会はバッチリです。

M会員提供のデカイセエビ
013a_201804021025388f0.jpg

S会員提供の鮎
家のガスコンロで焼くのと違い、炭火の弱火で焼くと芯まで火が通っています。
「こいでやっと(焼くと)うんめ(美味しい)ですがね。ドンタ先輩いっぺ(たくさん)くっ(食べる)くださいよ」とSクン。
015a_201804021025405a5.jpg

他にいずみの鯉、牡蠣など豪華でした。
毎月やりたいですね。