FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

何故・・・?

今回、Oクンの誘いで都井岬の夜釣りで狙うシブダイ釣りに行く事になりました。
「夜雨が降ったら中止よ」の条件で、数日前から天気予報と睨めっこしてましたが、何とか持ちそうな感じです。
海上の波は少し高いみたいですが、風の方向からして都井岬の荒崎方面は大丈夫だろうと「室丸」に電話したところ、風が強いので船は出せないとの事です。
「それではイサキでも狙いで伊座敷に行こうや」との事で、大急ぎでバッグの道具をイサキ用に入れ替えます。

出港15分前に到着すると港には2組の釣人が船上で待機しており、我々の釣具を運んで下さいました(有難う御座いました)。
瀬の予約をしていなかったので釣場は船頭任せですが、サバが異常に多いとの事です。
瀬上がりして一息入れ、夕方までフカセをしますが、釣れたのはオヤビッチャのみで夜釣り突入です。
先に竿を出していたOクンにアタリが有り、イサキをゲット。次は私かなとウキを見ていると「ピョコピョコ」と変な動きをします。
「これはサバに間違いない」と合わせを入れると強力な引きが3.5号竿を曲げてきます。
足元まで寄せて、ライトを当てると50cm弱のサバでした。
取り敢えずは1匹目ですので内臓を出して処理し、次を狙いますと又もやウキが変な動きを始めました。
一方Oクンは期待していなかったシブダイを釣り上げ、次から次へとサバ以外の魚をクーラーに入れています。
夜半過ぎても私はバの入食いが続き(Oクンには全くサバは釣れない)「どげんかせんといかん」とOクンのマキエを使うと小型ながらイサキが釣れました。
そこで残り少なくなっていた前半戦のマキエを海に流し、後半用のマキエで釣り始めると一気にウキが消し込むアタリが来ました。
これはシブダイに間違いありません。
それ以降イサキ2枚、シブダイ1匹追加して今回の夜釣りは終了。
それにしても私だけサバがきてOクンにはシブダイ、イサキ、アラなどが釣れるとは何が原因なのでしょうかね。
ウキ下、仕掛けは殆んど同じです。
腕の差は確かにありますが・・・。
次回リベンジです。

Oクン、今回は気合が入っています。
012a_20180607093530bf1.jpg

Oクンの釣果(クーラーはトランク大将です)。
022a_20180607093531b41.jpg

私の釣果。
この差は・・・・・。
サバは2本だけお持ち帰りでした。
001a_20180607093532716.jpg