FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

竿補修

前回の釣りで、3号遠投竿の1番を折ってしまいました。
日が暮れるまで時間がありましたので、水深(ウキ下)を計っている時の事です。
予備竿を持って来てましたので事無きを得ましたが、部品交換すると高い出費となります。
今回は(今回も)自分で修理する事にしました。

001a_2018061215282855e.jpg

ポッキリいきました(涙)。
003a_20180612152830773.jpg

ロッドの破断部分を最小限にカットします。
006a_20180612152831f57.jpg

紙やすりで断面を平らにします。
005a_2018061215283284f.jpg

面を綺麗に整えました。
008a_201806121528334aa.jpg

接着を良くするために、リーマで削ります。
010a_2018061215294772d.jpg

破損した竿の径に合うインナー(以前破損した竿の部品)を6cm位にカット。
011a_20180612152948e0a.jpg

紙やすりで削り、径に合わします。
013a_201806121533201c4.jpg

エポキシ樹脂2液混合タイプ(100均)で接着。
014a_2018061215295080a.jpg

暫く乾燥させます。
016a_20180612152951d2d.jpg

完成です。
020a_20180612152953982.jpg
この修理は、魚が掛かった時と仕掛けを投げる時の負荷が#1に余り掛からない為、問題ないですが、一番負担が掛かる#2#3を破損したときは部品交換となります。
それと#2#3にインナーを入れたら竿が収まらなくなりますからね(笑)。