FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

時化の為・・・

「こんどん土曜日は久し振りに内之浦に行っがでくっど!」と計画していましたが…台風の影響で大時化状態です。
更に翌日は仕事が入り万事休す。
それでも諦めない我々は「佐多岬の堤防で半夜釣りしよう」と言う事になり、午後11時までの釣りとなりました。
予報では夕方雨が降るみたいですが、錦江湾はベタ凪状態です。
午後6時から釣り開始。
潮の流れが速く、体力勝負の釣りです。
同じ所を「これでもか!」と流しますが、アタリさえありません。
午後9時過ぎ、潮の流れが少し弱まった時に釣友が40cmのアラをゲット。
それから1時間後、釣友が強力なアタリに襲われ、強引?なやり取りの末、タバミ(フエフキダイ)を釣り上げました。
私はといいますと、アラカブ1匹と惨めな結果となりました。
天気予報も外れ、快適な釣りができました。

200円イス
001a_201807301804164fb.jpg

釣果。
半分貰い、刺身で頂きました。
釣友は海鮮丼との事です(刺身+イクラ。ご飯は1合食べるらしいです・汗)。
006a_20180730180417870.jpg

暑中見舞い

孫の結歌(ゆいか)から届きました。
女の子は優しくてかわいいですね!

002a_20180726083832790.jpg


お返しです。
syotyuumimai-wf3-01.png

それに比べてやつらは・・・。
1532561411582a.jpg

001a_201807260922050ef.jpg

脱走

隙を見て脱走しました。

005a_20180722194329d42.jpg

直ぐに帰って来るだろうと孫達を連れてイオンへ・・・・・(門は開けたままで)。
夕方帰るとまだ戻っていません(汗)
娘と孫が探しに出掛け、私は家で待つ事にして家の用事をしていると、留守電が入っている事に気づきました。
再生して聞いてみると「都城市保健所です。○○○(要件が聞き取れなかった)の件でお電話しました」と着信が入っていました。
折り返し電話しますが、本日は終了しましたとの事。
孫達と最悪の事態を想定して諸々話し合います。

翌朝午前8時半に電話すると「ワンちゃんを保護しています。元気ですが高崎の施設(都城動物保護管理所)に預かっております。引き取りに行く前に保健所まで来てください」との事で急いで向かいます。
生きていて一安心、準備をして保健所に向います。

保健所で預り料を払い、指導票を書いて指導を受けました。

002a_20180722195658c0f.jpg

元気で何よりでした。

やれやれ

やつらが帰っていきました。
疲れたので今日は早く寝ようかな・・・。

1532171073273aa.jpg

勉強?ばかりしてますのでゲーセンに連れて行きました。
大当たりです(じいちゃん明日も行こうよ)。
DSC_0175a.jpg

夕方まで頑張りました(汗)
DSC_0174a.jpg

灼熱の桜島釣行

孫達の希望で行ってきました。
桜島避難港です。
おじごっ(怖いくらい)暑かったです。

003a_2018071913054344e.jpg


004a_20180719130545b03.jpg

私も・・・

孫達の奴隷奉仕活動が認められ、半夜釣りが許されました。
なるべくプールでは体力を使わない様にして、午後4時出発です。
準備等が終わり、1投目は午後7時過ぎ。
潮は良い感じで流れており、「イサキも釣れるかも」と釣友に話しかけていると1投目で私のウキが勢い良く入りました。
結構な引きですが、取り敢えずは顔を見ようと慎重にリールを巻きます。
姿を現した魚は・・・シブダイ(フエダイ・ホシタルミ)です。
「今日も調子が良いね」と釣友が声を掛けてくれた数投目、又もやウキが入りました。
今度のは30cmのシブダイです。
その後、釣友にもアタリがきましたがスポ抜け。
シブダイの時合はそれだけで、満潮の時間を迎えました。
その直後、釣友のウキが暗黒の海に消し込まれました。
合わせも決まり、ガンガンリールを巻き一気に魚を寄せます。
キャップランプで照らすと良型のイサキです。
更に次もイサキ。
私も同じポイントを狙いますが、釣れるのは釣友だけ。
釣友が怒涛の3連荘を達成したところでアタリも遠のき、午前0時過ぎ納竿しました。
明日は、孫達と釣りです(汗)

シブダイは45cm 1.45kgでした。
004a_20180718084053487.jpg

デカシブ編・その頃私は

孫のお世話で流れるプールで遊んでいます。

DSC_0172a.jpg

デカシブ

デカイです!
極貧Iクンのあんちゃん(お兄さん)がゲットしました。
弟(極貧Iクン)は、五目釣りで大漁との事です。

それでは発表します。
     ・
     ・ 
     ・
     ・
     ・
     ・
1531620260212a.jpg

1531620403863a.jpg

57cm
3.6kgでした。
デカシブは、極貧Iクンが自宅の食材用として持って帰ったそうです。

ロッドケース

地磯用ロッドケースが、酷使の為ボロボロになってしまいました。
そこで地磯用(単独用)を購入しました。
バスカホータイプです。
投げ、落とす、飛ばされる、杖替わりになったりと活躍?しそうです。

001a_201807111717033f3.jpg

ワイドタイプで竿2タモ1入ります。
002a_201807111717061c4.jpg

値段は・・・
003a_20180711171704996.jpg

留守していました

お客様の招待(航空券、コンサートチケット)で東京に行ってました。
泊りは横浜の娘宅で孫達と遊んでもらい、5日は、東京藝術大学モーニング・コンサートでお客様の御嬢(東京藝大4年生)さんが、藝大フィルハーモニーア管弦楽団(指揮:迫 昭嘉音楽学部長)と共演(ピアノ)されました。

3日出発予定でしたが、台風の影響で飛行機が飛ばず、4日の便で旅立ちました。
昼食です(汗)。
001a_201807091600581f3.jpg

コンサートは撮影禁止ですので、私の画像で勘弁してください。
DSC_0164aa.jpg

台風被害

今日は朝から雨風強かったですね。
僕の部屋の屋根の一部が吹き飛びました。
オヤジが適当にクギを打ち付けていたのが原因かと思われます。

008a_201807031751351db.jpg

正面からの風でしたので、部屋に居てもずぶ濡れです。
オヤジがずぶ濡れ警報をだし、暫く玄関の中に避難していました。

004a_20180703175136b4a.jpg

地磯・シブダイⅢ

前日のサッカー(午前1時就寝)、当日午前中孫の幼稚園に行くために朝6時起床しましたので少々睡眠不足気味です。
老体にムチ打って都城を午後2時半出発、釣場には4時半過ぎに到着。
釣場選定は、南東の風が強いので北東側の地磯に降りました。
6時半釣り開始しで2投目にシブダイゲット。
「今日は調子が良いかもね!」と釣友Aさんと話していると又もやウキが入りました。
そして次も・・・。
内心穏やかでないAさんですが、日が暮れて待望の1匹が上がりました。
そして午後8時、私のウキが勢い良く海中に吸い込まれていきます。
合わせを入れるととんでもない引きが襲ってきました。
隙を与えると根に潜ぐられてしまうので強引に引き寄せます。
Aさんにタモの用意をしてもらい、足元に寄せたところでキャップランプを当てると、良型のシブダイが海面下にいます。
そのまま慎重に後方に後退りして、魚が浮いたところで無事タモに収める事ができました。
針を外してスカリに入れ、次を狙っていると今度はAさんの竿が大きく曲がります。
パワーで寄せ、私のタモに収まったのは40cmのシブダイでした。
その後、数枚シブダイを釣り上げたところで満潮潮止まりでアタリが遠のいてしまいました。
「潮が動き出したらまた釣れだすよ」と期待しましたが,満潮過ぎても潮が動く気配が無く、雨も降りそうになって来たので午後11時半釣場を後にしました。

本日の釣果
私・4枚
Aさん・3枚
012a_201807011635140e6.jpg

大物がきました。
道糸・ハリス共8号(ダイヤフイッシング)で、針は金太郎針(キンリュウ)16号。
006a_20180701183528dff.jpg

51.5cm
2.40kg
019a_20180701163516437.jpg