FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

サイズが・・・

久し振りの錦江湾です。
目的はアジ→イカです。
先ずはアジ釣りの現場調査!
竿を出しているオヤジに状況を聞くと「11痔から竿を出しているけどひとっも(全く)釣れん。今年は調子がわりかもな」との事。
釣友に「早めにアジを30匹釣り、夕方からイカ1本でやるつもりだったけど・・・ガチクリだね」。
釣友「鬼さんのテクニックで頑張ってみれば。そんうち(そのうち)つれだひっが(釣れだす)」。
午後2時半、取り敢えずは遠投サビキで狙いますが、全く釣れません。
夕方になり、常連のオヤジに聞くと「ひいま(昼間)は釣れんど。日が暮れてからオキアミのエサ釣りでせんと」。
日も暮れたので竿2本強の深さで遠投していると本日1匹目のアジがウキを沈めました。
型は29cmありますが狙いのサイズではありません。
その後マキエ無しのフカセで狙っていた釣友が、15cmの良型ゲット。
早速釣友は、泳がせ釣りの仕掛けに釣りたてのアジをセットしてイカ釣りを始めると直ぐに反応がありました。
余りにも強力なアタリでしたので釣友もビックリ!
「青物?仕掛けが細いから耐えられない時は糸を出してよ」とアドバイス(釣友カンパチの実績有)。
私は急いでタモを取りに走りますが、それ以上の引きは来ないみたいでゆっくりと海面に姿を現したので600gのアオリイカでした。
「今がチャンスかもよ」と必死になってアジを狙いますが釣れるのは大型のみです。
何とかエササイズが釣れたのは21時過ぎ、すでに地合いは過ぎたのかウキはアジの引きを演出するのみで、午後10時納竿としました。

サイズは25cm~30cm。
005a_20181125160601b2d.jpg