FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

初釣り・地磯篇Ⅰ

正月も2日で飽きてしまい?初釣りでも行こうかと思いますが、船間の船頭の話だと「2便までいっぱい」との事でした。
「来週行こうかな」と早めの就寝。
ところが・・・目が覚めたのは6時半。
「今日も暇か」と朝食を食べていると外は穏やかな天気で風もありません。
それではと「空いている地磯で竿でも出そうかな」と、急いで冷凍庫のオキアミを1角取り出し、倉庫から集魚剤、パン粉を車に積み込み出発です。
さすがに正月休み、国道沿いの地磯は満員御礼で殆ど竿出しする所はありません。
健脚向きの松崎の地磯は、珍しく1台も駐車してませんでしたが私の脚力では自信が無いのでパス。
船間の先まで走りましたがこちらも一杯です。
それではと引き返し、内之浦の国道から中に入った地磯に寄ってみると、1ヵ所だけ空いたので速攻で山を降りて行きます。
この場所は、手前に瀬があるので、遠投カゴの釣人が敬遠する釣場です。
足場も良く、足元狙いのフカセ釣りには持って来いです。
夕マズ目狙いですのでゆっくりと準備をして10時30分釣り開始。
遠投カゴの釣人を見ていると、いきなり道糸が指を弾きました。
慌てて合わせを入れ、一歩前に出てやり取りをして浮かした魚はクロ(メジナ)です。
午前中から1匹釣れると保険が出来気分が良いですね。
ところがどうした事か又もやアタリ!
今度も同型で2匹目。
ここで帰っても良いのですが、マキエが95%残っています。
その後も昼を挟んで釣れ、スカリの中には6匹のクロが入っており、引き上げるのに大変です。
14時過ぎ、強力な引きが愛竿を襲ってきました。
道糸を1mmたりとも出さない覚悟で耐えに耐えていると、魚の引きも弱くなり出したので一気に勝負をかけます。
「デカイ!今年もやったか」タモに入れ、安全な場所で計測すると51.5cmありました。
これで帰れば良いものをそれ以降2匹追加して午後4時30分納竿としました。
帰りの山登りは地獄でした(泣)。

出発の午前7時過ぎ、外気温は-2°です。
024a_20190104163109edc.jpg

釣り上げて速攻で計測。
51.5cmでしたが、フイッシング都城では50.1cmでした。
活き絞め、海水を入れて持ち帰りますと縮みますね。
037a_201901041631107c5.jpg

合計9枚
今年の運を使い切りました。
028aa.jpg

三脚が無いので写真を撮るのに一苦労です。
040a_2019010416311119b.jpg

仕掛け
竿: ニッシンZEROSUM 磯 弾 V3 1.5号
道糸: ダイヤフィッシング フロストンフロート2号
ハリス: ダイヤフィツシング ジョイナープレミアム2号
ウキ: 鬼瓦ウキ
ハリ: キンリュウ勝負グレ6号

マキエ
オキアミ1角 
集魚剤: ヒロキュウ 磯グレSUPER浮かせ 1袋
      パン粉2kg