FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

ブルーベリー

最盛期です。

002a_2019073114252431c.jpg


005a_20190731142523349.jpg

天敵のヒヨウドリはこちらの実の方が好みみたいです。
008a_20190731142526740.jpg

台風の影響で・・・

船間の夜釣りを計画していましたが、台風の影響を受け中止となりました。
「楽しみにしていたのに何もする事がないね~。午後からは野球で見ようかね」と
午前中の仕事を終えて昼食を食べていると釣友が
「船間はどげんじゃった?ダメね?そんなら西岸の地磯に行こうや」と言う事で
波が穏やと思われる佐多の地磯に行く事になりました。

以前から気になっていた地磯があったのですが、入口が分からず断念。
その横に今回は降りる事にしました。

午後7時釣り開始。
潮はゆっくりと佐多岬方面に流れており、今にもウキが入りそうな雰囲気です。
左側の沈み瀬の所まで流れていた私のウキが一気に入って行きました。
最初の1匹ですので慎重にリールを巻き、足元に寄せてから振り上げますと
25cmのアラの子供でした。
やさしくリリースして次を狙っていると又もやアタリ。
大合わせの割には先程と同型で、少々ガックリの私です。
そして又もやアタリ!
今度のは良く引きますが、クレーン巻きの私の敵ではありません。
足元に寄せたところで釣友がタモで掬ってくれました。

それ以降数回シブダイらしきアタリが来ましたが何れも空振り。
ハタンポ、キンギョ等を釣り上げて、「今日は厳しいかもね」と話していると
釣友の竿が大きく曲がりました。
強引に寄せ、振り上げ体制に張った瞬間、白っぽい魚は針外れでオートリリースとなりました。

潮も緩み始め、左側に突っ込んで来る潮になり万事休す。
少しでも遠投しようと、力任せで投げた釣友の仕掛けが道糸からぶっちぎれてしまい、
少々早いですが(午後10時30分)ここで帰る事にしました。

残念ながらシブダイは釣れませんでしたが、良型のゴマアラで勘弁してあげましょう。

002a_20190729170009334.jpg

嫌な予感!

夜半、物音で目覚めるととうちゃん達が駐車場で釣具を降ろしています。
多分半夜釣りにでも行ったのでしょうね。
とうちゃんの釣友が僕を撫ぜながら「臭い!」と言うのです。
起こされた上に、暴言?を吐かれ迷惑な話です。

翌朝、とうちゃんが僕の部屋の前にやって来ました。
手には・・・シャンプーです。

001a_201907281329576aa.jpg



笑ってる場合ではありません(泣)

002a_2019072813340133f.jpg



植木に隠れますが・・・引っ張りだされてしまいました。

004a_20190728133402ed5.jpg


有無を言わせずシャワー攻撃。

009a_201907281334047e3.jpg


機嫌悪いです!
駐車場で乾かされています。

010a_20190728133405e17.jpg


乾きました。
「恵太クン、爽やかね」とギャルに言われるかもね。

017a_20190728133407494.jpg


釣りの方は後で報告するらしいです(シブダイは釣れてませんけどね)。



孫帰省・Ⅲ

孫達の最終日は・・・プールと陶芸体験です。

DSC_0033a.jpg

DSC_0035a.jpg


左から先生、遥、翔の作品です。
先生の指導のおかげで上手にできました。

DSC_0038a_20190724181839add.jpg


完成(本焼き)した作品(夏休み期間中ですので1か月半位掛かるとの事です)は、
運動会の時に私が持って行く事になりました。

孫帰省・Ⅱ

色々計画していましたが、生憎の雨で大幅に予定変更です。
雨=お金?
「そうです」ゲーセンに3日程行きました(汗)。

DSC_0028a.jpg


コインゲームがメインですが、孫達が好調で、3日目のゲーセンでは
長男が大当たり!
1000数百枚のコインを預けました。
(預入は60日間ですので時々私が出し入れしないといけません)

コインゲームに飽きたので射的やったところ・・・
次男がやってくれました。

DSC_0031a_201907220834400b2.jpg

ゲームの出資者は私ですので、商品(コーヒーメーカー)は
我が家で使います(汗)。

そうじ?

珍しくとうちゃんが掃除機を掛けています。
基本二週間に1回の割合なんですけどね・・・。
「暑さでビンタがおかしくなったのかな?」と聞いてみると
「奴ら(孫と娘)が帰って来るんだよ。マジヤベ~釣りにも行けないし」と訳の分からない事を言いながら
直おばさんに指摘されそうなところを重点的に掃除しています。

002a_20190717093715f64.jpg


僕も舐められないように(おやつに釣られないように)悪臭(体臭、口臭、排泄物臭)で対抗したいと思います。

004a_20190717093716dfd.jpg

トランク大将

ダイワの「トランク大将」買い換えました。
平成8年の湯瀬釣行画像に写ってますので20数年使用したことになります。

だいぶ年期が入ってます。
夏場の夜釣り、離島遠征で活躍してくれました(魚は少ないですが、ビールを冷やしてくれました)。

002a_20190713203459928.jpg


 釣友が持ってましたので、私も購入しました。
真空タイプです。

001a_201907132034593a1.jpg

続・昨夜の地磯

前回、シブダイで味をしめた?Aさんの誘いで前回の地磯へ釣行です。
午前中仕事を終えてからですので、午後2時過ぎに出発です。

前回の釣行で、間違って生のツケエサを持参しました(マキエのボイルから型の良いのを選びましたので事無きを得ました)
ので、家の冷凍庫に残っている「オキアミ生」でボイルを作ってみました。
単に「煮ればよかっちゃろ」と(一応ネットで検索はしました)安易に考えていました結果・・・

010a_20190708160632a42.jpg

ん~~~~~~~~~厳しいかな(汗)
遠投時に針外れそうなので釣具店でLLのボイルを購入しました。

釣場の着くと、前回の場所は空いてますので急いで準備して釣場を目指します。

6時釣り開始。
前回、良型のクロが釣れましたの遠投にも気合が入りますが、ドラマは起きず夜釣りに突入します。
ケミホタルの光が明るさを増した時、私のウキが「モヤモヤ」と沈んだ途端、一気に海中目掛けて入って行きました。
「シブダイかも」と、リールをガンガン巻き、足元に浮かした魚は本命のシブダイです。

027a_20190708161940268.jpg

「Aさんチャンスよ!」と魚を処理していると「来たー」と叫んだ瞬間、「外れた」と落胆の声が響き渡りました。

そして次のアタリは1時間後。
又もや私のウキを沈めたのはシブダイです。
そして遂にAさんにもアタリです。
慎重に合わせ、一気に寄せた魚は「タバン(フエフキダイ)」でした。
「チャンス到来か!」と思ったのも束の間、潮が右流れなり、更に当て潮になり、
更に更にAさんの仕掛けが根掛かりしたのをきっかけに納竿としました。

034a_20190707105025b58.jpg

速報!昨夜の地磯は・・・

夕方からの竿出しです。

034a_20190707105025b58.jpg

取り敢えずは行ってみましょうか?

先週の土曜日(29日)、天気は雨でしたよね。
Aさんと半夜釣りを計画していましたが、金曜日の時点で中止としました。
土曜日の朝、Aさんから「佐多方面は夕方から夜半まで曇りみたいやっど。行ってみんね?」。
速攻でPCの天気予報(tenki.jp)を確認すると・・・雨の予報。
「Aさん、なんで調べた?」と聞くとyahooとの事。
「天気が悪ければ引き返せば良かが、とにかく行ってみようや」と
強引に誘われ出発です。
道中は大雨,強風で、とてもじゃないけど釣りができる状況ではありません。
「厳しいかもね」と話しながら現場に着くと、何と曇り空になっていました。
但し南西風が強く、竿出しは2か所しかありません。
更に予報では、23時位に雨が降りだすみたいですので納竿は22時30分と決めました。
「手前は風が真面に来る」との判断で、先の方の釣場に釣座を構えます。

仕掛け、マキエを作り日暮れと共に釣り開始です。
午後7時、Aさんが「ウキのバランスが悪い」と言いだしたのでカゴの錘を取りに行った時に
私のウキが入りました。
竿の横に居たAさんがやり取りしますが、引きが強力らしく、必死にやり取りしています。
私はタモを構え、魚が浮くのを待ち構えていますと・・・良型のクロ(メジナ)が姿を表わしました。
安全な場所で計測すると48cmあります。
夕マズ目はクロ1匹で夜戦へと突入です。

潮は下り潮で良い流れですが、中々食って来ません。
午後8時過ぎ、Aさんのウキが完璧に入りました。
鬼合わせを入れてリールをガンガン巻き始めますが、一瞬魚の行動が早く根に潜られてしまいました。
10分位魚が出て来るのを待ちましたが、ビクともしないので切断を決意。
私が道糸を引っ張るとスムーズに引っ張れます。
「魚が根から出て来たかもよ。巻いてみて」とAさんに竿を渡すと魚が出てきたみたいで
竿が大きく弧描き始めました。
気になる魚は・・・シブダイでした(1.1kg).
「地合いかもよ」と先に釣られて悔しいですが、今度はオイ(私)の番と打ち返しを繰り返しますが
潮が逆潮に変わり、手前に当って来出したので釣れる雰囲気は全くありません。
更に風も強くなってきた午後10時30分、雨が降って来る前に納竿としました。

005a_20190704103011b92.jpg

やっちゃいました(泣)

夜釣り用のメインロッド「BULL'S EYE Special遠投3.5号」が先端付近でポッキリ。

007a_20190701201947a54.jpg

それも釣りの時ではなく(釣行記は未公開、後日発表します)洗う時です。
更に洗ったのは私ではなく、同行した釣友です(帰宅痔に間違って私の竿を渡してしまいました)。
酷使してますので、先端部分が疲労していたと思われます。

削ってトップに合そうかと思いましたが、以前「繋ぐ」方法で修理しましたので
細い穂先を探し、繋ぐ事にしました。

008a_2019070120194890c.jpg


接着剤はこれです。
    ↓
009a_20190701201949fca.jpg


片方を差し込み接着。

010a_20190701201951c7a.jpg


完成です。
繋ぎ目は接着剤で補強します。

011a_201907012019522e9.jpg