FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

地磯・遅番出勤

休日なので、釣り人がワンサカ出勤しているとは思いましたが、暇なので行ってきました。

午前9時過ぎ、久し振りに船間の地磯に行ってみましたが、なんと5台駐車しています。

これでは釣る場所はないだろうと引き返し、宇宙に一番近い地磯に引き返します。

ここの釣場も人気の釣場なので、沢山釣り人が降りていると思いきや・・・2台のみで、

さらにカゴ釣りポイントも空いています。

10分で現場到着。

早速竿を出しますが、サラシと横からの風でうまく仕掛けが馴染みません。

全遊動は諦め、ガン玉を段打ちして沈ませ釣りでやってみます。

すると・・・勢い良く指を弾いたのはイサキでした。

何とか仕掛けを安定させ、小型ながらクロを追加しましたが、

竿を絞り込むような大物は襲って来ませんでした。


先ずは「おやつです」。

P2240024a.jpg


サラシがキツイですね。
思うように仕掛けが入りません。
遠方の釣人も苦戦しているみたいです。

P2240027a.jpg


後から来られた釣り人。
夜半まで頑張るそうです。

P2240032a.jpg

お持ち帰りです。
イサキは5匹釣れましたが、1匹は脱走、もう1匹は
後客に差し上げました。

P2240031a.jpg


スポンサーサイト



地磯・その頃・・・

暇だったので昨日もお手軽地磯に行ってきました。

大きなサラシ、横風に悪戦苦闘している時に、渡船で船間の磯に渡った彼はやってくれました。

杉村クンです。

image1a.jpg

船頭から「たまには俺の言う事を聞かんといかんよ」との指導で獲た結果だそうです。

気の毒な石鯛ですね。

地磯・詳細編

先日行ってきました。

仕事が一段落しましたので、遅出の釣行です。

それでも午前6時に目が覚めました(年寄りは寝るのも早いが起きるのも早いです)ので、

朝食をとっての出発です。

現場に着いたのは9時過ぎ。

場所取りには全く無縁の釣りです。

正面には遠投カゴの釣人が竿を出していますが、左からの風を受けながら竿を出しています。

私は風を避けるため、西側向きの釣座で竿を出しますが昼までは全くのアタリ無し。

風も弱くなったので、遠投カゴの様子を見に行くと諦めたのか誰も居ません。

ここの釣場では期待薄なので、さっさと片付けて移動する事にしました。

少々風で道糸は取られるものの、大して影響はありません。


その1投目、こいつが来ました。

P2210001a.jpg


道糸から飛ばされた後、こやつ(50オーバーのクロと思いました)

P2210009a_20200223183531498.jpg


何とか刺身ギリギリサイズお持ち帰りです。

P2210015a.jpg


納竿間際、青物に襲われ又もや高切れ。

これで区切りが付いたので納竿としました。

リールも新調しましたが、良く引いたのは外道のみでした。

次回は、活躍してくれるものと期待しておりますよ。

P2210004a_20200223183529241.jpg


地磯・やりました!50オーバー

これです・・・(;^ω^)

ナイスファイトのイスズミでした。

P2210009a.jpg

バレンタインデー

管理人「恵太」

私から

P2160100a.jpg


オイ(私)

孫と長男の嫁から

P2190102a.jpg

以上です(泣)

地磯・続々宇宙に一番近い地磯

いつもはこんな感じです。

P1030287a_2020021610250477f.jpg

地磯・続宇宙に一番近い地磯

釣友に「日曜日だし、遅くから行っても良か釣場はねよ(無いよ)」と話すのですが

「どこでん良かから行こうや」と言う事を聞きません。

そこで空いてる釣り場で竿を出す事を条件に午前9時に出発です。

どうせ釣れないのならと、比較的楽な「宇宙に一番地近い地磯」によって見ますと

数台の車が駐車しており、フカセのポイントは厳しい状況です。

それでもここの釣場は「何処かで竿を出せる」とこなので、降りて行く事にしました。

釣れない時には早く帰れるしね。

高台から覗いてみるとカゴ釣りのポイントに1人底物で竿を出しているので,そこに降りる事に

しました(通常は3.4人竿を出している)。

挨拶がてら状況を聞くと「エサも取られん。場所を変わる」と言って移動して行きました。

ラッキーにも我々フカセ組だけの竿出しです(後から来たら快く場所を空けます)。

早めに仕掛けが完成した釣友の2投目、塩焼きサイズのイサキをゲット!

私も急いで仕掛けを作り、イサキを狙いますが1匹だけしか居なかったのかアタリがありません。

昼も過ぎたので仕掛けを流したままサンドイッチを食べているといきなり竿が海中目掛けて突っ込んで行きました。

「しまった、ベールを起こしてなかった!」と慌ててサンドイッチを放り投げ、糸を出そうとした瞬間、

道糸から飛ばされました。

その後はツンブリの入食いで閉口状態。

沖にはツンブリが沸いているみたいなので、右側のワンドを狙っていると・・・スプールを押さえていた

人差し指が弾かれました。

慌ててベールを起こし、やり取り始めますが、意外とスンナリ足元に寄ってきます。

最後の抵抗を交わし釣友が構えるタモに上手い具合収める事ができました。

サイズは47cm。

次の大アタリは午後4時過ぎに来ました。

左沖の潮溜りにウキを潜らせていると・・・パラパラと道糸が放出されます。

合わせを入れた瞬間、潮受けの下から切られてしまいました。

その後も一発狙って竿を振りますが、足裏サイズを追加したのみで、

午後5時納竿としました。


今日は、常連の遠投カゴ釣り師はいません。

P2090069a.jpg


足の裏サイズは沢山釣れましたが、リリースしました。

P2090086a.jpg


P2090087a.jpg






地磯・昨日は・・・

天気が良かったので、昼前から竿を出してきました。

遠投カゴ釣師、人気№1の釣座が空いてましたので、そこでフカセ釣りです。

やりました!

P2090090a.jpg


真ぐれ会宮崎新年釣大会

繁忙期で報告が遅くなりました。

結果から言うと9名中5位でした。

ペアは,諸県弁(もろかた弁)が流暢なS君です。


釣場は「入食い瀬」の横です。

P2020036a.jpg

P2020025aa.jpg


私は入賞目指してますが、S君の話が面白いので釣りに集中出来ませんでした。

アタリは俊敏にあり(クロは30cm前後のオナガ)時々ハリス、道糸を飛ばす得体の知れない魚も居ましたがメインはヒツオ(イスズミ)です(汗)。


たまに遠投で、シマアジ(最大35cm)が竿を曲げますのでスリリングなやり取りを堪能できました。

P2030054a.jpg


シマアジは4匹釣れましたが、同礁したS君が欲しそうに涎を流してましたので彼に2匹プレゼント。

楽しい釣大会でした。

次回の「鬼瓦カップ」は志布志の枇榔周辺の磯です。

P2020048a.jpg

孫・受験

今日は、横浜在住の孫(小6)の中学受験日です。

「大変だね、じいちゃんが代わってあげるよ」なんて絶対無理なので

仕方なく?釣大会に参加しております。

じいちゃんも入賞目指して頑張るぞ(汗)。

P2020025a.jpg