FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

オールナイト船間そのⅡ

続きです。

17時前に到着しますが、佐恵丸Ⅱは早めに到着した釣り人を乗せて港を出て行きました。

10分で帰って来て、我々は希望する瀬に渡礁。

一息入れ、先に別な瀬に渡っていたSクンに電話をすると、

イサキ狙いで竿を出しているとの事(40枚位釣ってました)。

「サバが釣れたらあげるよ」と電話を切り、先程購入したオキアミボイルをダイドプールで解凍し、

仕掛けを作ります。

釣友Oクンは早速釣り開始。

その2投目、なんと竿が大きく曲がりました。

上がって来たのは狙いのシブダイです。

「たまたまシブが居ったっちゃが」と冗談を言っていると又もやシブダイゲット!

私も大慌てで準備しますが、エサは半解凍状態ですのでまだ使えません。

Oクンが「オイのを使えば」と言ってくれますが、それ以降アタリは無く、

最初の地合を逃してしまいました。

20時過ぎ、ウキから目を離した時にウキが入り、慌てて竿に飛び付きますが生体反応を感じた瞬間、

竿が軽くなりました。

痛恨のバラシ、ハリスから切られてました。

ハリスを結びなして先程のアタリポイントを探っていると又もやアタリ!

今度は慎重に合わせて一気にリールを巻き、瀬上にシブダイを横たえる事が出来ました(45cm,1.7kg)。

これに気を良くした私でしたが、その後釣れるのはイスズミのオンパレード。

圧巻は巨大なハコフグを掛けて疲労困憊。暫く休憩です。

それ以降ポツポツイサキ、シブのアタリがあり、明け方にシブダイを追加したところで納竿の時間を

迎えました。

夕方の地合を逃したのが惜しかったです。

次回からは、確り準備して臨みたいと思います。

P7020041a_202007050818545d2.jpg








オールナイト船間その1

船間のイサキ釣りを堪能したいと、パソコンの天気予報と睨めっこの日々ですが(汗)

翌日の仕事にも関係するので、中々天気と海況に恵まれません。

今回、晴天が2日続くみたいで、沿岸波浪情報では夕方から波が収まってくるみたいです。

地磯か渡船、迷います。

釣友が「船間の佐恵丸に電話してみる」と言ってくれるので午前中仕事しながら吉報を

待っていると出港できるとの事。

仕事を終え、その足で釣具店によりエサ等を購入、急いで帰宅して夜釣りの準備に取り掛かります。

今日の船間は夜釣り客が多いらしく、15時30分と17時に出港。

我々は17時にお願いして、都城を15時に出発しました。

渡船は佐恵丸Ⅱ

P7010028a.jpg

引き続き書きたいのですが、会社より「伝票の記入漏れがあります。連絡下さい」とLINEありました。

事務担当者の気持ちは「毎月毎月間違いだらけで非常に困ります。いい年なので早く覚えて下さい」らしいです。

事務関係がマジ苦手で、予想していた範囲です(泣)。

今から行ってきますのでの・ち・ほ・ど。





船間・夜釣り

梅雨の中休みで、絶好の夜釣り日よりでした。

夜を徹しての結果・・・

P7020041a.jpg