FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

10月10日は何の日?

釣りの日らしいです。
記念日なのでどうしても行かなければと午後1時に仕事を終えて、錦江湾へ急ぎます。
取り敢えずはアミを半角買い、更に南下します「え?何時ものアジは買わないの?」と思うでしょう、自分で釣るのです。
仕掛けは小鰺釣りの定番、サビキ釣りです。
詳細は・・・ウキは釣研の「遠投カゴサビキ」に、キンリュウ「ハゲ皮ヨリ糸サビキ」下に1091すくいま専科をセットします。
釣場の港に着くと左側に3名アジ釣りをしてますが全く釣れて無いとの事です。
断りを入れて右横の空いているところに入らせて貰い、アミとパン粉を混ぜ合わせたマキエを、1091すくいま専科で掬い足元に投げ込みます。
するとどうでしょう、隣には釣れなくて私の仕掛けに18cmクラスのアジが釣れます。
隣りの釣人も驚いていますが、仕掛けの違いでしょうね。
2時間位で30匹釣り、イカ釣り場に着くと右端に志布志から来た夫婦が泳がせ釣りをしています。
状況を聞くと「小型だが良く釣れるよ」との事です。
早速私もヤエン、泳がせと仕掛けを投げ、アタリを待っていると「ジージー」とドラッグが鳴りました。
引きからして小型みたいですが、慎重に寄せてヤエンを落とすと、「グー」と締め込み、その直後「フッ」と軽くなりました。
イカの頭のみかじってますので小さかったのでしょうね。
新しいアジをセットして投げ込んでいると、泳がせ釣りのウキが何処にも見当たりません。
竿に駆け寄って竿できいてみると確かにイカの引きが伝わってきます。
暫く喰わせて合せをいれると乗った事は乗ったのですが、寄せてる途中でバラシてしまいました。
その後、数回のバラシ後、ヤエンに300gが1杯来ましたが明日の仕事の事もあるので午後9時、早めの納竿としました。

イカ釣りのエサとしては十分な量です。
PA061264a.jpg
残ったアジを調理します。
PA071272a.jpg
知り合いから南蛮を作って貰いました。
PA081275a.jpg
今回の釣果です。
今の時期は泳がせ釣りに分があるみたいですね。
PA101277a.jpg