FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

錦江湾牛根麓岸壁⇒桜島避難港3番


午前中仕事をして昼からポッカリ時間が空いたので今日も釣りである。釣具は昨日の道具を外で乾かしていたのでそのまま車に積むだけだ。私のプログを良く見てくれているNさんによると「10月は7回行ったでしょう。行き過ぎよ!」と忠告を受けたが11月に入り今回が1回目なのでなんら問題は無い。(と思う)
先ずは岸壁でマダイ狙いでフカセ釣り。潮は若潮なので流れは期待していないが何とか右に左に動くので何とかなるかも知れない。マキエを入れて釣り開始するが魚が寄ってないのかエサも盗られない。それではとウキ止めを外し全遊動で流すとかすかにエサが盗られだして待望のアタリがでた。軽く合わすと右に左へと走り回る。正体は?そうボラだった。ボラが寄っているという事は海底には魚が居ると勝手に判断した私は手前にバンバンマキエを打ち仕掛けを遠投。効をそうしたかと思いきや又もやボラのオンパレードだ。仕方なくマキエの量を少なくして足元に集中して打っていると何時の間にかボラはどこかに行ってしまった。マキエも効いている筈だと竿を出していると今度はボラの引きと違う上品な締め込みが愛竿を曲げてきた。早く魚を見たいのだがバラシが怖いので慎重に対応していると金色の魚が海面下に姿を現した。紛れも無くマダイだ。振り上げ可能なサイズだがここは慎重にタモのお世話になる事とする。ボラが居ない間に又もやマダイを釣り更にチヌまで飛びついて来た。これは行けるぞと更なるビッグサイズをと気合を入れるがその頃から北の風が吹き出し竿が出しづらくなって来たので場所を変わろうかと考えているととてつもない大物が竿を曲げ、アッと言う間にハリスを飛ばされてしまった。
ここでキッパリと場所変わりを決意して一昨日行った3番に行ってみることにする。3番は後ろから風が吹いてくるので釣り易いことこの上ない。今日はイカの夜釣りも計画しているので夜釣り用のエサも釣らなければならない。日が暮れるまで後1時間しかないので急いで釣りを開始するが何も釣れない。せめてアメでもとウキ下を深くするがアタリは無い。この状態では夜釣りは無理かなとウキが見づらくなった時に何の前触れも無くウキが入って行った。慌てて合わすとツンツンと生態反応が竿を伝わってくる。これは紛れもなくアジの引きだ。口が弱いので慎重寄せ振り上げる。生餌にはやや大振りだがこれで夜釣りは出来ると小走りに車の所まで走り、イカ釣り仕掛けをセットしてイカのポイントらしきところに入れる。
その後アジを4匹釣り、本格的に夜釣りに突入する。海面に漂うケミホタルの光を見つめるがウキはビクともしないので左角でエギングをしているとウキが沖の方にどんどん流されて行く。潮が沖に流されていくなと手前に寄せようとリールを巻くと重たい。これはイカが抱きついてるかもしれないとゆっくり手前に寄せると「フッ」と軽くなってしまった。エサにしていたアジをチェックしてみると背中のところがパックリやられイカが乗っていた事が分かる。新しいアジをバケツから取り出し再度投入。生きが良いのかグングン泳いでいるので今にもイカが飛びつきそうと期待してエギングの竿に手を伸ばすとウキが横走りして暗黒の海に消えて行った。
「アタリだ」と竿に飛びつき大合わせをするが又もや空振り。イカの背中にはしっかりとイカの足後が残っていた。それ以降イカのアタリは無く、アジも無くなったので岸壁を洗い流し帰路に着いた。