FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

真ぐれ会宮崎忘年釣大会 内之浦町船間


前日の悪天候から開催が心配されたが何とか船長のGO!サインが出て幹事の私は一安心。当日、無風とは言わなくても海上はナギ状態でAM6.30分、1便が出発。私はくじ番から2便での出港となった。1便で行った会員の釣果が多少気にはなるが船間の磯は朝一番では余り釣れないので落ち着くよう自分に言い聞かせて玉さんと観音の瀬の上瀬に渡礁した。最初は南側で竿を出していたが見回りに来た船頭の指示で中央のサラシ場で玉さんが竿を出し、その手前の高台で私が竿を振る。昼も過ぎたころ玉さんの「キターッ」と言う声に振り向くと大きく竿が弧を描いているが次の瞬間ピーンと元に戻ってしまった。私の方は釣れないので様子を見に行くと「今のはでかかった」と興奮気味に話し、再び入れた仕掛けにも魚が襲い、アッと言う間に道糸から飛ばされてしまった。その様子を見ていた私は急いでバッカンと竿を玉さんの横に持ってきて瀬際ギリギリに仕掛けを落とすとウキが音を立てるように海中目がけて消えて行った。大きく合わすと「ガッン!」と衝撃が竿に走り、締め込みに耐えに耐えたがあっけなく軍配は魚に上がってしまった。震える手で仕掛けを結び、今度こそはウキが入った瞬間に合わさなくてはと構えていると隣の玉さんが又掛けた。でも・・・。波が引いた瞬間、玉さんの足元を見ると大きく根が張り出しておりそこの下に潜り込ん行くみたいだ。そこで私は右から出るサラシにマキエを入れて流しているとウキが消し込まれて行った。糸ふけを取り軽く合わすと魚の手応え。ただ今度のは対して大きくないのでハリ掛かりを十分確認して振り上げる。型からして600g程度の尾長だが検量に出せるので一安心だ。次もアタリが来たが今度は中々の抵抗を見せる。根に触れないようにを右に誘導して玉さんの差し出すタモに無事ゲット。型は?オーバーで優勝の二文字が脳裏を横切る。それ以降お互いに数回のバラシ劇を演じたが、潮が満ちだしてきたらアタリも遠退きこれにて納竿となった。回収の船にはクラブ員が多数の乗って居たが皆の話を聞くと今の時点では私がトップ。だが次から次へと回収してゆく会員のクーラーが重い。特に今回初参加の永友君のクーラーは石でも入ってるのではと思うくらいの重量だ。本人はいたって平常心みたいだがクーラーを覗いて見ると良型が6枚入っていた。結局、この魚がトップで赤水に乗っていた真ぐれ会鹿児島の新増さんが2位だった。私?残念ながら入賞できず5位でした。
釣大会協賛 キンリュウ針 フィッシングながとも フィッシング都城
協力有難うございました。