FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

台風の前に・・・桜島編

「夕方から風が強くなるみたいだから昼間は大丈夫」とテキトウオヤジの判断で桜島に行って来ました。
台風があるのは太平洋側ですが、当然桜島も風が吹いていました。
最初の避難港で竿を出していると舞い上がった灰が猛吹雪の様に我々を襲います。
2時間程竿を出しましたが、巨大なボラを数匹上げたのみで撤収しました。
どこか風が弱く、灰の降らない所は無いものかと探しますが、どこも風が強く釣人はいません。
フエリー近くの避難港によってみますと左側の角が後方から風を受けますので取り敢えずはここで竿を出す事にしました。
潮は左流れでかなり急流となってます。
私は全遊動で流していましたが仕掛けが今一つ入って行かないので、釣研「瞬黒B」をセットして一気に沈ませる事にしました。
今度は潮になじんだのか道糸が出て行きますが、これはアタリではありません。
鹿児島市街後方の山並みに日が沈みかけた頃道糸が「パラパラ」と出て行きました。
「アタリ?」と道糸の出を止めると生体反応が返ってきました。
スムーズに手前に寄って来ますので対して大きくはありませんが魚には間違いありません。
手前まで寄せて振り上げると25cm位のマダイでした。
アタリは体験したのでそろそろアジ釣り用のLFスマートカン付でも用意しようかと思ってますと又もや道糸が生き物の様に出て行きました。
流れの影響かも知れませんので軽く合わせてみると何か付いてはいるみたいですが・・・。
「エサ盗りかな」とゆっくり巻いて来ると急に締め込み出しました。
潮の流れに逆らって抵抗するので引きが半端ではありません。
中々手前に寄って来ませんが、慎重に寄せて足元まで来たところでキャップランプで照らすと良型のチヌです。
「ボラでなくて良かった」と釣友に話しながらタモ入れし、岸壁に上げると50オーバーのチヌでした。
チヌは1匹あれば良いのでアジ狙いに切り替えますが、全く釣れる気配がないので場所を移動します。
今度は桜島近くの港で竿を出しますと、南蛮クラスのアジが釣れ、クーラーの中には7匹入り、微妙なアジとの駆け引きが面白いです。
もう少し釣りたかったのですが、後方から突風が吹いて来ましたので納竿しました。

桜島避難港にて・53cmありました。
ハリはキンリュウ渚ちぬ3号です。
PA041445a.jpg

詳細は来月発売の釣ファンで。