FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

昨日・・・

今日は一日休みが取れましたので、早朝から桜島に行って来ました。
午前6時半出発→8時アジ釣り港着→11時までに活きアジ20匹確保→11時半チヌ釣りポイント→午後6時からイカ釣りポイント→翌日仕事と会議があるので9時納竿・・・と言う13時間の釣りを計画しました。
半端ではない釣具をトランクに積み込み、アジ釣りポイントに着くと誰も居ませんので港の角に釣座を構えてサビキでアジを狙います。
釣れる時には1投目で釣れますが、なかなかウキが沈まず、1時間で2匹と厳しい釣果となりました。
早々にここを諦め、前回釣れた港に行きますと、フカセ釣りのオヤジが竿を出してました。
状況を聞くと「何も釣れん」との事でしたが、前回釣れた実績があるのでサビキを落とすと・・・1時間全く反応がありません。
ここも諦め、チヌ釣りポイントに向かいますが手前の港に寄ってみる事にしました。
先端で竿を出している釣人の様子を見てますと、小さいながら良く釣れてます。
私も竿を出しますが、キンギョ(ネンブツダイ)の入食いです。
それでも遠近投を繰り返していると何とかアジが釣れ、ここで4匹ゲットする事が出来ました。
6匹あれば何とかなるだろうとチヌのポイントに移動すると、北西の風が正面から吹き付け非常に釣り辛い状況です。
それでも実績のある釣場なので我慢して竿を出しますが、潮までもが手前に寄ってきて釣りになりません。
2時間位頑張りましたが釣れたのは巨大ボラ1匹のみでしたので、場所取りの意味でイカのポイントに移動する事にしました。
幸い誰も来ていませんので、竿を置いて昼寝タイム。
1時間位寝て、フカセ釣を始めますがエサがすぐ盗られます。
「キンギョかな?」と正体を暴くべく道糸をやや張り気味にしてアタリを待っていると、道糸が微かに動きました。
間一髪入れずに合せを入れると・・・10cm位のアジが付いてました。
このサイズでも、最悪泳がせ釣りのエサになるのでキープします。
何とか釣ってやろうと賢いアジに悪戦苦闘しますが、釣れたのは1匹のみでイカ釣りに突入します。
竿はヤエンと泳がせの2本出しで、昼間使ったサビキ仕掛けも試に落してみます。
全部の用意が出来たので先程のサビキ仕掛けを上げて見ますと・・・ずらりアジが掛かってます。(型は小さい)
更にマキエ無しで落としますと、早速アタリがきました。
アジも居る所には居るもんですね。午前中のアジ釣りは何だったんでしょうか(汗)
イカ釣りの方は横で竿を出している常連のオヤジが2杯釣り、やや気落ちしていると私の泳がせのウキが入りました。
竿受けから竿を取り、ゆっくり竿を煽ると「グッグッ」とイカの反応が返ってきました。
1分間程食わして合せを入れますとバッチリ掛かったみたいですが引きは軽いです。
手前まで寄せて確認するとアンパンサイズがアジを咥えてます。
ソーッとギャフを入れ、後方から引っ掛け無事ゲットする事が出来ました。
更に次もアタリがあり、もう1杯クラーに収まりましたがそれ以降は潮も止まってしまい、午後9時納竿としました。
後一か月もすると食べ頃サイズが釣れだすと思いますので、暫くはアジ、イカの釣行記が多いと思います。

本日も桜島は絶好調です。
PA161494a.jpg

チヌ釣りは正面からの風と当り潮でサッパリでした。
PA161498a.jpg

釣果。型が小さいですね。
PA181504a.jpg