FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

仕事が近くだったので・・・

本日の仕事は、午前中霧島市国分だったので、「海も近しついでだから」と釣具を積み込んで仕事先に入ります。
11時半に仕事が終わったのでそれから桜島向けて走りますが、錦江湾は無風べた凪の好条件です。
釣場に着きますと先客がおり、挨拶をしようと車から降りると「鬼瓦さん久し振り」と声を掛けてきました。
よくよくみるとMさんではないですか。
ここの釣場には良く来るらしいですが、今まで1回もあった事が無いですからタイミングが悪かったのでしょうね。
状況を聞くとまだ何も釣れてなく、エサが時々盗られるとの事です。
私も近くに入らせてもらい、釣りを始めますがエサ盗りが少ないのかツケエが残ってます。
「エサが残ってる時は大物がガツンときますよね」とMさんが話していると竿が大きく曲がりました。
タモを持って駆け付けると45cmのチヌです。
その後私にもアタリがきましたがこれはボラでガックリ。
手前はボラが乱舞しているので超遠投すると道糸が生き物の様に出て行きます。
慌てて竿を掴み、合せを入れるとボラの引きでは無いみたいですが左側の浅瀬に逃げて行きます。
そこで私も左側に移動すると、なんと魚は足元まで来ていました。
後は糸ふけを取るだけで、難なくチヌをゲット。
型は50ジャストの良型です。
チヌは釣れたので夕方からのヤエン、泳がせ釣りのエサ(アジ)釣りに精を出しているとMさんの竿が大きく曲がりました。
型が良いのか中々浮いて来ませんが、走る事は無いのでボラではないのは確かですね。
やがて海中で「キラリ」と光った魚は大型のへダイでした。
それ以降ボラが時々竿を曲げますが、夕方桜島の大きな噴火があり、風が我々の方向に吹いてますので灰を浴びて悲惨な事になりました。
フカセ釣りを止めてイカのポイントでヤエン、泳がせ釣りを始めますが、今日は左から右への急流が走り、アッと言う間に仕掛が流されて行きます。
かなり流しますので活エサのアジは直ぐに弱ってしまい、数回流しては交換するので午後7時半にはアジを使い切ってしまったので納竿としました。
何故か今年はイカが釣れないですね。

Mさん掛けました。
PB041534a.jpg

チヌは好調です。
PB041529a.jpg