FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

渚アングラー錦江湾編Ⅲ

前日のウナギ釣りを早めに切り上げたので錦江湾へ行ってきました。
朝9時に、フィッシング都城へエサの解凍をお願いして9時過ぎに取りに行きました。
従業員のMさんに「急に決まった釣りですか?」と聞かれ、「んにゃ、何時もこの調子だよ。思いつきで行動してるからね」と自慢にもならない話をして錦江湾へ急ぎます。
今日の錦江湾は無風ベタ凪状態。
2年前に竿を出した浜に行きますと、潮干狩りの人だけで誰も竿を出していません。
釣場に到着して海の状況を見ると、至る所に藻が生えており手前の岩の所が藻が空いているみたいなのでそこら周辺にマキエを打ちます。
今回もウキは「釣研瞬黒G2」を沈ませます。
針は渚専用はりキンリュウ「勝負ちぬ渚4号」です。
先に釣り始めた釣友の話では、潮は右流れで沖に出ているとの事。
「絶対釣れるよ」と話していたら私の道糸がどんどん出て行きます。
「流れ?」いや釣友の道糸はゆっくりです。
合わせを入れると久し振りのチヌの引きです。
藻に絡まれないようにガンガンリールを巻きますが、渚のチヌは左右に引くので手強いです。
何とか手前まで寄せて振り上げると48cmの立派なチヌです。
魚をストリンガーに掛けて海で活かしていると(このチヌはストリンガーが外れて脱走します)釣友が掛けました。
これはやや小振りの35cmと言ったところでしょうか。
それ以降もコダイ、メイタ、シマイサキ、フグと釣れますが、潮が左流れになった途端、アタリが無くなりました。
更にゴミが流れてきて釣りになりませので我々も潮干狩りをする事にしますが深く掘り下げても石ころだけです。
そこに釣友のMクンがやってきたので貝の掘方を伝授。
掌いっぱい獲れたとこで釣り開始しますが、潮が止まっているのか目の前の海にはゴミが沢山浮遊して釣りになりません。
何とかゴミの隙間を狙いますが、徐々に水位が上がってきて後方の藪が近づいて来たのでここで納竿としました。

1匹目のチヌ(脱走しました)
004a_20150518113441d83.jpg

本日の釣果一部(魚)
017a_201505181135206cd.jpg

本日の釣果(貝)
009a_20150518113443bde.jpg

渚の干潮1時間前
003a_201505181134440fa.jpg

満潮1時間前(早く止めないと帰れなくなりますね)
019a.jpg