FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

錦江湾へ

前回夜釣りでイサキ9匹と貧果だったので、今回はシブダイ釣りを計画しました。
ところが夕方から大雨らしく、已む無く中止です。
暇なので釣友と錦江湾の渚釣りを急遽計画し、フィッシング都城へオキアミの解凍をお願いしました。
今日の潮は干潮が午後4時半ですので、竿を出せる時間は午後12時半から午後6時半ぐらいです。
現場に到着しますが、波が後方の藪近くまで来てますのでゆっくりと準備をして竿を出します。
マキエ(オキアミ1、パン粉2kg、ヌカ少々、格安集魚剤1)を約30m位飛ばして、先に竿を出した釣友に流れを聞くと「止まっている」らしいです。
「右流れ良かけどね」と話しながら私も仕掛けを作り、釣り開始です。
潮は釣友の言う通り止まっており、釣れそうな雰囲気ではありませんので竿を竿受けに置き、手を洗っていると道糸がゆっくり出て行きます。
「潮が動き出したね」と釣友を見ると「?」・・・魚のアタリでした。
慌てて竿を掴み、合わせを入れると魚の引きです。
渚の魚は横に引きますので元気が良いですね。
何とか浮かした魚は48cmのキビレチヌでした。
「今日は魚がおっど」と話しながら入れ食いを期待しますが、釣れたのはそれだけで長い沈黙状態が続きます。
時々フグが釣れて今か今かとアタリを待っていると「バチバチ」と道糸が指を弾き、道糸が勢い良く放出されます。
これは30cmクラスの塩焼きサイズのマダイで嬉しい土産になります。
「時合到来か」と集中していると釣友の竿が大きく曲がり、大物の魚をヒットさせましたが、沖の駆け上がりでハリスから切られました。(大型マダイかな)
釣友にハリ(勝負ちぬ渚)を渡していると、今度は私の道糸が魚からの反応を捉えました。
これも良く引きますが、先程の釣友程ではありません。
手前にある藻を交しながら上がって来たのはチヌです(46cm).
干潮が近くなってきたので沖の深場を狙いますが、手前に生えている藻が邪魔をして回収中に引っかかってしまいます。
私がウキをロストしたところで納竿。
夜釣りも楽しいけど渚釣りも楽しいですね。
次回はウナギ釣りか夜釣りでしょうか・・・。
来週の天気はどげんですかね?

ポイントまで移動中。
もう少し潮が引かないと後方の藪に仕掛けが引掛かかります。
008a_201506080951239ad.jpg

準備中に一杯!
010a_20150608095125aed.jpg

釣果
014a_20150608095126a75.jpg