FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

渚・錦江湾

干潮が午後4時でしたので、昼から行ってきました。
現場に到着、渚に出ると波も良い感じです。
気になる潮は・・・右流れで十分期待できますよ。
先に竿を出した釣友に状況を聞くと「左流れ」と返事が返ってきました。
仕掛け作りの手を止めて海を見ると、先程まで右に流れていた浮遊物が左に流れているではありませんか。
少しがっくりですが、左流れでも沖に出てますので期待出来るかも知れません。
ところが・・・エサ盗りの猛攻ですぐにエサが無くなります。
そのうち最悪の横流れになり、大量のゴミが流れてきました。
竿を上げて私は周辺を散策。
30分位してゴミも少なくなってきたので釣り開始です。
暫くして何を血迷ったか30cmのマダイが釣友の勝負ちぬ渚4号に噛みつきゲット。
俄然やる気が出ましたが、最干までにノーヒット。
干潮から上げ潮になり、期待した潮は理想の右流れに変わりましたが横一直線に流れて最悪の状況です。
時計の針は5時を過ぎたので「6時納竿とする?」と釣友に聞くと「まだ日は高いし、もう少し延長しよう」という事になり、竿を振っていると潮が止まりかけ、右沖に出だしました。
するとたるんでいた道糸が「ピーン」と張り、スプールから勢い良く出て行きます。
「アタリ!」と合わせを入れると心地良い引きが愛竿から伝わってきますが30cmのマダイです。
型は今一つですが、釣れた事が嬉しいですね。
その後も交互に竿が曲がり、魚の引きを楽しんでいると釣友に大アタリ!
竿を伸されそうになったので道糸を出して魚を沖に出し、再度やり取り開始です。
ゆっくりと確実に魚を寄せますが沖の駆け上がりに魚が引っ付き万事休す、と思いきや何とか引っ張り出し、ウキが見えその下に魚が・・・「あれ、尻尾があっど」・・・エイタンでした。
がっくりと肩を落とした釣友を見て「途中でバラさんで良かった。あれはマダイやったと一生思うからね」と何の慰めにならない言葉を掛けながら納竿としました。

007a_20150622091411ce1.jpg


003a_20150622091413857.jpg