FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

都井岬荒崎トセンベ


知り合いの末谷さん夫婦が都井岬に釣りを予定されているみたいなので私もこっそり行く事にした。翌朝黒井港で合流して一緒にトセンベに渡礁する。末谷さんは足場の良いところに釣座を構えて私は図々しくも高台のA級ポイントにバッカンを置く。仕掛けを作りウキを流して見ると流れはゆっくりと右に流れている。マキエを左沖に投げて更にウキ目がけてマキエを投入。全遊動で流しているのでアタリがあればウキが沈むはずとビールを片手にのんびり構えていると後ろの方で末谷夫婦が騒がしい。後ろを振り向くとご主人の竿が大きく曲がっているではないか。そこに奥様がタモを構えてアシストしているでうらやまし〜と様子を見に行くと巧みな竿捌きで良型のクロをゲット。ウキ下を聞くと浅めとの事だがここでの釣りは全遊動がベストと思い込んでる私はそのままの仕掛けで流していると又もや掛けた。今度のは先程よりも型が良いのかゆっくりとやり取りして無事タモ入れすることが出来た。
ここまで来ると私のプライドなんか吹っ飛び私もウキ下を設定して集中して竿を振るがそれ以降不安定な潮になって万事休す。私はやや諦めムードで竿を振っているとこまめに仕掛けを作っていた奥様にアタリが集中しだした。ところが・・・色が白い。だが釣れないよりかは良いですよとと声を掛けると又もやアタリ・・・羨ましいな〜。ご主人は三の字を掛けては放流しているか何故か私一人釣れないのだ。
そうこうしている内に納竿の時間となり室丸がトリゼの高野氏を回収してトセンベに船を着けて無事船上の人となった。
トリゼの高野氏は良型のクロとチヌを釣っており次回指導をお願いしてもらう事を約束して私には必要ない氷を高野氏のクラーに放り込んだ。
画像はヒツオの入れ食いに苦笑する奥様。仕掛けは全て自分で作られるから驚きだ。