FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

都井岬トセンベ


前回のリベンジと高野氏とトリ瀬を予約していたが南西の風が予想されるらしいので釣友の伊東さん夫婦が予約されていたトセンベにお邪魔する事となった。
伊東さん夫婦は足場の良いところで竿を出し、私と高野氏は東側の一段低いところに釣座を構える。今日の潮も右流れで、一番右端の伊東さんが有利かなと思っていると竿が曲がった。軽快な竿捌きでタモ入れしたのは600gのクロだ。更に次々とクロを掛けて我々には何も釣れない。その内潮が変わればと高野氏と話をしていると「来たーッ」と高野氏が叫んだ。穂先が海面に突っ込んでいるが何とか竿を起こし、600gのクロをゲット。ウキ下を聞くと1ヒロ半との事だ。私も右へ倣いでハリスにアタリウキをセットして高野氏が掛けたポイントに仕掛けを飛ばすが潮も動かなくなり誰の竿も曲がらなくなった。
遅めの昼食を食べていると1時の便で末谷さん夫婦がやって来た。今日はトリ瀬を予約しているらしく我々の前を手を振りながら通り過ぎて行く。
たいした動きも無く納竿時間が近づいてきた。伊東さん以外満足な釣果は無く、末谷さん達が午後7時まで釣るらしいので我々も午後7時までとして船頭に連絡を入れた直後、私のアタリウキが少し沈んだ瞬間飛ばしウキまで消し込まれて行った。軽く合わすと魚は足元のガマめがけて突っ込んで来た。高野氏の指示で瀬際まで降りて必死に耐えていると何とか魚をガマから出すことが出来た。こうなるとこっちのもの。右に左にと走る魚の間隔が狭まった瞬間にタモを入れて一発で掬う。安全なところまで魚を持って行き、計量すると42cmありニンマリの私。その後伊東奥様に釣座を譲り私は高台から竿を出すがその後は何も釣れず、7時ジャストに迎えに来た室丸に飛び乗った。
画像は午後7時まで竿を振り続けた釣人。(高野氏と末谷ご主人は片付けの為に写ってません)