FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

都井岬小黒


ついに都井岬で今シーズン初のシブが上がった。そうなると当然行かないと行けないでしょう、と釣友の大渡氏を誘って出掛ける事となった。当初ヤカタのハナレを予約していたが西風が吹くとの事なので渡船室丸は都井東岸の灯台下に船首は向けた。今回はバラバラで釣ろうかと話し合い、大渡氏は大黒瀬で私は小黒瀬に飛び乗った。仕掛けを作って餌を付けないまま遠投してみると理想の左流れでは無く、右に流れている。その内変わるだろうとカゴにマキエを入れて遠投を繰り返すが一向に潮の流れは変わらず終いには右沖の根掛り多発地帯(沈み瀬群)へと流れ出した。ここを流すと仕掛けが幾ら有っても足らないので根掛り多発地帯の先端に遠投して根掛り覚悟で沈み瀬の際を流す事とした。その数投目、ウキが少し沈んだ後一気に消しこまれた。「シブだ!」と渾身の力を入れて合わすと強力な引きが帰ってきた。ここで気を抜くと瀬に潜られるので更に力を入れて引き抜くと僅かではあるが獲物がこちらに寄ってきた。「取れる」と確信してリールを巻いた瞬間、生命反応がなくなってしまった。仕掛けをチェックするとハリスの中間から切られておりガックリの私である。
気を取り直して再度仕掛けを作り、糸ふけを極力出さないように流すと又もやウキが入った。張り気味にしていたの竿まで来るアタリだ。体勢を調えて最初の締め込みに耐えて一気に寄せると今度はスンナリ寄ってきた足元まで来たので太仕掛けを信じて一機に振り上げる。近寄ってキャップランプを当てて見ると紛れもなくシブダイで計量してみると1.25kgある。良型ではあるがやはり2?オーバーでなくちゃと1匹釣れた事で余裕を持った私は集中的にポイントを責めるが干潮なのか潮が全く動かなくなってしまった。こうなると万事休すだ。
潮が動くまでとビールを飲んで暫らく横になる事とする。携帯の目覚ましで目を覚まして仕掛けを投げるがまだ動いていない。マキエを沢山残っているので打ち返しを繰り返していると夜明け前、左沖に出る潮が流れ出した。この潮なら釣れると確信したが付いて来るツケエが冷たく感じる。結局、何も釣れずに夜が明けて納竿の時間を向かえた。