FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

都井岬荒崎2番


梅雨に入り、長い事時化の為夜釣りに行けなかったが何とか波も治まり室永船頭からやっとの事でOkの返事が帰ってきた。
今回はシブダイ釣りのポイントヤカタ付近を予約していたのだがウネリが残っておりクロ釣りの名礁「荒崎2番」へ乗ることとなった。
カゴ釣りの私と太田さんは船着けで山下さんは裏側のクロポイントに釣座を構える。夕マズメに各自思い思いの釣りをして志布志港方面の灯りが増したころ本格的な夜釣り突入となった。ところが潮が通さず何にも釣れなく時間だけが通り過ぎて行く。本日同船した同じクラブの徳満さん達もエサ盗りに大苦戦しているらしい。
2番はエサ盗りは少ないので俊敏にエサの交換はしなくて良いのだがウキが入らない事にはどうしようもない。裏側でフカセ釣りをしている山下さんも同様で大苦戦中だ。
午後9時半。そんな沈黙を破り遠投していた私のウキが何の前触れも無く音を立てるように入った。大慌てで糸ふけを取って大合わせを入れると竿に大きな衝撃が走り根元から曲がった。シブの場合は速攻で底を切るのがベストなので一段下に降りてリールをゴリ巻きすると海底を横走りしていた魚が少しずつ立の動きに変わってきた。こうなるとこちらのもので、針外れ等のアクシデントがない限り捕ったも同然。強力な締め込みに対して柔軟に対応しているとやがて海面に姿を表した。最初は白っぽかったのでフエフキ鯛かと見たがキャップライトを当てると紛れもなくシブダイだ。太田さんが一発で掬ってくれて安全な場所で計量すると2.33kgある。良型に思わずガッツポーズが出て暫しシブダイを眺めていた。
私の1匹で磯上活気が出たがそれ以降潮が止まってしまい、夜明けまでウツボの猛攻に終始して事実上今回の釣りは終了となった。一方フカセの山下さんは1kgの夜グロ2枚に2回の大バラシがあった事を付け加えておきたい。