FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

大会が中止になったので・・・

午前中仕事が終わり、釣大会の連絡を待っていると「延期します」との事でした。
残念ですが自然相手の趣味、致し方ありません。
そこで錦江湾に行っている釣友に連絡してみると「風も無くべた凪、アジは釣れとらん」らしいです。
午後からの仕事は入ってませんので急いでアジ、イカ釣り道具をトランクに押し込んで出発です
港に着くと沢山の釣人が竿を出していますがアジは殆ど釣れて無いとの事です。
何時もの釣場でサビキ仕掛けを出しますが全く魚の反応がありません。
そこで堤防の外側でやると1匹目が釣れました。
「何だ釣れるがね」と次を狙いますが、それ以降サッパリの状態です。
先に来ていた釣友が現れ「1匹も釣れんかった。裏でやってみるよ」と竿を出すと何と1投目で2匹ゲットしています。
私も横で竿を出しますと1匹追加。
活かしバケツには4匹のアジが入ってますがこれでは足りません。
日が暮れるまであっちこっち探りますが、4匹追加したのみで日が暮れてしまいました。
イカ釣りのポイントに移動しますが、8匹のアジではすぐに使い切る事になります。
「大事に使おう」とロスト率の高いヤエンは止めて泳がせ竿を計4本出す事にしました。
私はイカ釣りに集中しますが、釣友は遠投カゴをするらしく準備しています。
最初の1投目、放物線を描いてウキ飛んで行きました。
シャクリを入れてウキを見ているとウキが沈んでいきます。
釣友に「おまいがた(あなたのは)錘がふて(重たい)がね」と言いますと釣友は必死にリールを巻いています。
何と付いていたのは25cmの良型アジでした。
さっきのはアタリだったんですね(汗)
それ以降もアタリは続き、100発99中でアジが釣れます。
ただ贅沢な話ですがヤエン、泳がせ用のアジサイズでは無く、アジ寿司サイズです(後半からは適合サイズが釣れました)。
それから延々とアジ釣りが続き(私は魚の外し役とエサ入れ)午前0時、エサが尽きたので帰る事にしました。
「え?イカですか?」300gサイズがヤエンで釣れました。
おまけに釣友はサビキ仕掛けに喰いついたイカをゲットです。
なかなか良型イカが釣れませんね。

P1170004a.jpg