FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

久しぶりに

錦江湾に行ってきました。
風は強風で西北西~から北西の予報です。
当初計画してました釣場は爆風で竿を出せません。
桜島に走り、風を背から受ける場所に釣座を構えました。
釣友は沈ませ、私は棒ウキの全棚探り(私が適当に名付けたましたので一般釣り常識では通用しませんよ))です。
潮は余り動いてませんが、それ以上にエサ取りが半端ではありません。
早めの打ち返しで頑張っていると釣友の竿が大きく曲がります。
最近大きく竿が曲がったのを見た事がありませんので「大物?」とタモを構えました。
正体は
001a_20160418144431cfb.jpg
通称ハトポッポ(イラ)でした。

「良かな~釣れて」と話しているとまたもや釣友の道糸が出て行きます。
綺麗な曲線を描いて上がって来た魚は
006a_201604181444329e1.jpg
マダイでした。(画像の鬼瓦スリムウキは撮影のために使用しました。測りにもなるので何かと便利ですね)

何とか私も釣らなければと仕掛けを変え、超遠投で狙っていると道糸が「ピーン」と張りました。
「キターッ」と大合わせを入れてリールを巻きますが、上がって来たのは20cmのチャリコ(真鯛の幼魚)です。
余りにも合わせが激しかったのか目をパチクリさせてます。
「久し振りのアタリだったのでついつい力が入っちまったよ。スマン、スマン」と優しくリリース。
一向に風は収まりませんが釣友が再び真鯛ゲット。
「夕方エサ取りが居なくなったらアジが来るかもね」と期待を込めて頑張りますが、日が暮れてもエサ取りの猛攻は収まらず、午後7時納竿としました。