FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

久し振りの釣話題です

連休初めに立目崎の夜釣りを計画していましたが、西風が強くて中止になりました。
釣友とは次回の約束をして午前中は仕事です。
仕事が終わった昼前、別の釣友から「夜釣りはダメやったと?夜には風が止むみたいだけどね・・・」私「止む?それでは夕方から地磯にでも行ってみる?」という訳で地磯に行く事になりましたが、釣友が我が家に来たのは昼過ぎでした。
釣場に着くと強風に耐えながら2人竿を出していますが我々は2人が帰った後で釣場に入ります。
午後6時、仕掛け投入しますが潮は殆ど動いて無く、たまに右に行ったり手前に寄って来たりの最悪の潮です。
ここの釣場の潮の流れは満潮からの下げ潮が良く、今日の潮は午前0時過ぎが満潮となります。
よって最悪の日に来た訳ですね。
それでも折角来たのだから左からの風に我慢して竿を振っていると釣友が本日第1号の良型アジをゲット(35cm)。
それまで風の影響で心が折れていた我々でしたが、俄然やる気モードに突入です。
だがアジは1匹しか釣れず、沈黙の時が続きますが9時位から風も東風に変わり後方から吹くので仕掛けも良く飛びます。
それまでエサ取りのアタリしか無かった私のウキが一気に消しこみました。
糸ふけを取り合わせを入れると首を振る感触が愛竿を通じて伝わってきます。
「イサキでは無いかもね」と慎重に寄せるとマダイです。
型は50弱ですが、この条件下で釣れたので良しとしなければいけません。
「チャンスやっど」と再びやる気モードスイッチONとなりましたが、次が来たのは午前0時過ぎでした。
釣友の竿が大きく曲がりますが、タモは必要とせず、ブリ上げたのは40cmのイサキです。
潮も動きだし、期待は膨らみますが暫くして時計の針を見ると午前1時前を指していました。
「そろそろやめよう」と声を掛けて、道具を片付けて山を登り、駐車場を出発したのは翌日(4月30日)の午前2時でした。

やっと陽が沈みます。
釣開始です。
006a_20160505085045414.jpg

釣果。
食べる分は釣れて良かったです。
013a_201605050850434a9.jpg