FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

何とか船間へ

太平洋側は時化続きで中々船間・内之浦方面への釣行が出来ませんでした。
今回は同僚お休みと言う事で船頭に電話するとOKの返事です。
船頭の話では前回出港したのは何時なのかも忘れたとの事です。
港外に出るとウネリが有り、希望のアジポイントには乗れずフィッシング坂元常連のOさんのブログで拝見した瀬に渡礁しました。
足場が非常に良いので同僚も安全に釣りができます。
後方の山並みに日が隠れてから釣開始ですが、エサ取りの猛攻で釣れるのは外道ばかり。
逆に日が暮れたらエサが全く取られない時間帯が過ぎて行きますが、最初のヒットは同僚に来ました。
結構な竿の曲がりで足元に浮かしたのは小型ながらマダイです。
私も棚を合わせて仕掛けを打ち返していると次も同僚のウキが入りました。
今度のはイサキです。
「なんごてオイには釣れんのやろうか?」と流していると待望のアタリがきました。
やや強引に寄せて足元に浮かしたのはヒツオ(イスズミ)見たいな魚です。
タモを取りに行く同様を制して振り上げます。
近寄って魚を確認すると良型オナガではありませんか。
「分っていればタモで救ったのに」と口元が緩みます。
その後も集中して狙いますがウキが入るのは1時間間隔でそれもハタンポに交じってイサキがポツリポツリです。
午前2時前、余りにもアタリの無さにダウン。
30分ほど熟睡して、頑張っている同僚に声を掛けると「潮が変わりました。期待できるかも知れません」との事です。
ただあてにならないカーナビ同様、同僚の勘は見事に外れ、イサキを数枚追加して夜明けを迎えました。

48cmありました。
イサキは2人で10枚程度でした。
船頭によると「もう少ししたらアジ、イサキが釣れだすでしょう」との事です。
038a_20160609120554a01.jpg
 
高台より釣座です。
033a_20160609120555f7f.jpg