FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

佐多岬尾波瀬 鵜の瀬


宇治群島へワカナ(尾長グロ)狙いで計画していたが生憎の時化で中止。そこで都井岬の室丸に連絡するとこちらも前線が通るので中止との返事だ。何もすることが無いので用意した離島用の道具を片付けていると大渡氏から携帯に電話があり「尾波瀬が出すけどどうする?」と連絡が入った。二つ返事でOKして元気の出た私は通常の釣りバッグを用意する事となった。
翌日尾波瀬に着くと釣人は我々のみだ。恐らくこの雨と渡船料UPの影響かもと大きな船に我々2人での出港となった。希望していた鵜の瀬は当然誰も乗っていなく、ウネリもあるので中央の瀬に飛び乗る。
一応大渡氏にポイントを聞き、今回は半遊動仕掛けで竿を出す事とにする。
午前中まで各自足の裏サイズを1匹釣ったのみでエサ盗りの猛攻で何も釣れなかったが午後2時位いからサンちゃん一の字等がウキを沈め午後2時過ぎに大渡氏が600gをゲット。更に同型を釣ったものだからたまらない。
私もガン球、ハリスなどを真似して釣るのだがどうしても彼のウキしか沈まないのだ。そこでハリスをやや短めにとって針のチモトにガン球の7号を付けて流すとまさかの大当り。愛竿を大きく〆こむ奴は半端じゃ無く強力な引きについつい弱気になってしまってリールから糸を出してしまい、左側のガマに入って道糸からプッツンしてしまった。大きかったのに残念!と再度仕掛けを作っていると大渡氏が又もや800gを釣り上げた。仕掛けが出来たところで瀬際を狙っていると私のウキがジワジワとシモりだして遂に視界から消えて行った。「待ってました!」と大合わせすると今度も〆こんで来るが先程の比ではなく、竿操作(やり取り)の苦手な私でも難なくタモ入れする事が出来たが狙いのクロでは無くヘダイ(変態ではない)で少々ガックリ。でも食べて美味しい魚ので大渡氏のクーラーに放り込む。
時計の針を見ると3時過ぎで納竿まで後2時間弱(今回は船頭に頼んで5時まで釣らせてもらう事となっている。通常は4時までだよ)なので足元にバンバンマキエを入れるが期待した夕マズメはヒツオのみで夕闇せまる鵜の瀬を後にした。