FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

魚、くいやい(頂戴)!

行ってきました真ぐれ会宮崎新年釣大会。
都城からの同行者は「どんたSクン」です。
今回は私の車で行きますが、Sクンの荷物の多い事。
活かしバッカンまであります。
高校の後輩でもあるSクンに「ちょっとキミ。新年釣大会に活かしバッカンてどう言う事?。
シオナメンター?いや、トーナメンターとかと勘違いしているんじゃないの?僕、信じられない」。
Sクン「そげんゆてんどんた先輩!今釣れちょげなですよ。じょじょん釣って配らんとですね」と流暢な高原(たかはい)弁で話すSクン。
話しも弾み、午前5時半船間到着となりました。
今回使用渡船は佐恵丸Ⅱで、担当瀬は鳥島方面です。
本来ならば南側の観音方面に行きたいのですが、決まりですので仕方ありません。
私は底物の山村さんと鳥島1番に渡礁。
鳥島1番と言えば底物のウルトラ超A級ポイントですが、上物では竿を出した事がありません。
船頭の話では、2番との水道が良いかもとの事なので、私は水道側に陣取ります。
暫くして「鬼瓦さん」と呼ぶ声で振り向くと、イシガキ鯛を持った山村さんが立っていました。
更に数投目、ガキを振り上げます。
流石にA級ポイントだな・・・底物は(汗)。
私の方はエサ取りが多く、生ではすぐに取られるのでボイルを使用しますが、そのボイルさえも取られ、手の打ちようがありません。
迎えの船中で皆の釣果を聞くと結構釣れているみたいです。
今まで不調だった「どんたI会長」の活かしバッカンもかなり重たいです。
気になるなんとどんたSクンは、40オーバーがクーラー満杯、更に活かしバッカンにも入っています。
なんと1位 はどんたSクン5250g(3匹重量)でした。
「Sクン僕が言ったとおり釣れたでしょう!。そんなに沢山は配り切らないと思うから2匹くいやい(頂戴)」。
と言う訳で46cmと42cmのクロと、山村さんが釣った5枚のガキのクーラー保存使用料としてガキを1枚頂きました。

毎回釣果を叩きだす山村さん。
今回もガキ5匹の釣果。
010a_20180116190307cd0.jpg

鳥島1番
021a_20180116190310ab2.jpg

山村さんの釣果。
クーラーを持って来て無いので私のを貸しました。
015a_20180116190308f95.jpg

どんたSくん。
50ジャストありました。
033a_20180116190311376.jpg

頂き物の魚。
食べるには困りませんでしたが、何か空しいですね。
053a_20180116190312cd3.jpg

大会の結果は、明日にでも「真ぐれ会宮崎HP」で報告します。