FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

地磯・惨敗編

今回は久し振りに内之浦地磯に行ってきました。
北東の風が吹いていますので大隅半島西岸が理想なのですが、沿岸波浪予想では明日の朝まで1.5mの波予想です。
釣友が「任す!」と責任を押し付けますので、悩んだ挙句、東岸に向かいます。
土曜日とあってか殆んどの地磯の駐車場にはすでに先客が降りています。
「昼釣りかも知れないね。暫く待っとこうか?」と釣友に話すと「ンにゃ、分からんから降りて聞いて来て!」と無茶な事を言いだしました。
仕方なく荷物を持たないで降りて行くと夜釣りまでやりそうな雰囲気です。
再び道路まで上がって、少し上の地磯を除くと風裏になりそうな南東側が空いていました。
今度は背負子を背負って山道を降りて釣場を目指します。
ここの場所は数回来ていますのでスムーズに釣場到着。
日も傾いて来ているので急いで準備して釣り開始です。
潮は良い具合に流れてますので、今か今かとウキの動きに集中していると釣友のウキが消し込まれました。
3号竿をグングン曲げて来たのは良型のサバです。
「サバが入食いしなければ良いけどね」と釣友と話しますが、余計な心配でした。
時々針に付いて来るのはウリボウ(イサキの稚魚)で快心のヒットがありません。
午後10時過ぎ、周りの釣人も帰り始めましたので、我々も納竿としました。

釣座が高いので上り下りが大変ですが、下記の足場があるので安心です。
安全の為、ロープを張りました。
001a_20180605144015ffb.jpg

足掛けです。
セットして下さった方、有難うございます。
007a_20180605144017390.jpg