FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

志布志沖坊中堤3番


釣友のO氏が志布志沖防でエバを入れ食いしたと聞き、エバ釣りを教えてもらおうと休みを合わせて朝一番の渡船で渡ろうと計画立てた。ところが当日私が帽子を忘れたこ事に途中気づき、家まで引き返した事で1便に乗り遅れて他の釣り客3名で2便に乗り中堤に飛び乗った。O氏は既に竿を出しておりクーラーの横には無造作に3枚のエバが置いてあった。竿を出して1投目からアタリがあったらしく私にも直ぐに竿を出せと急かす。「そんなに釣れてれば何も焦る事は無いよ」竿を振るO氏を尻目に私は朝食のパンを頬張る。ところがO氏の竿がそれ以降曲がらなくなったのだ。
エバは回遊性の魚なのでその内回ってくるだろうとゆっくり仕掛けを作って元気の良いモエビを針に付けて期待の1投。潮は良い具合に沖に流れて行くが一向に釣れる気配が無い。O氏に誘いを入れてみればと指導されて仕掛けを張ったり緩めたりしているとウキがジワーッと入っていった。軽く合わすと強力な〆込みが私の愛竿を襲ってきた。これがエバの引きかと竿の曲がりを楽しんでいるが一向に弱まる気配が無い。
これは良型のエバと確信した私は防波堤の最前列まで行き、やり取りを始めるが青物の割には横に走らず真下に突っ込んで来た。足元だと瀬切れの心配は無いので思い切り竿を引っ張ると最初の抵抗も無くなりすんなりと魚が浮いて来た。
魚が海面を割ってビックリ!、何とシブダイの一種クロテンだ。型は25cm位だがナイスファイトを見せたので丁重に海に帰してやった。
そろそろ地合か!とO氏に声を掛けて再び竿を振るがそれ以降O氏にすスズキが釣れたのみで、暑さのせいで活き餌のモエビが弱り始めたのと我々の気力も弱り始めたのでO氏が渡船に迎えの電話を入れ、大粒の汗をかきながら船着けまで道具を運ぶ我々だった。