FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

幸島無名瀬


釣り納めは都井岬に行こうと計画したが普段の行いが悪い為か時化で中止となった。その時室丸の話では「大渡さんからも電話があったど」と聞いたので電話すると明日幸島に行こうかと話がまとまった。今回は時間が変則で朝9時に都城のフィッシングながともに集合して幸島の渡船マリンブルーに出港を11時にお願いしたとの事だ。納竿は日が暮れる午後5時半位なので短時間の釣りとなるが睡眠不足も無く元気いっぱい釣りが出来るから楽チンだ。
平日とは言えクロ釣りシーズン真っ盛りなのでA級磯は空いておらず、地磯に近い所に乗せてもらった。大急ぎで準備をして竿を出すがサッパリ釣れなくエサ盗りさえ居ないのだ。海中を覗き込むと海水の色が悪く雰囲気としては×だ。夕方がメインなのでマキエを利かす積りで2人してバンバン打っていると大渡さんの竿が大きく曲がり500gのクロをゲット。ウキ下を聞くと2ヒロ弱との事で私も釣研のT-ACE-G2を2ヒロにして流していると大渡さんの竿が大きく曲がり更に穂先が海面に突き刺さったのだ。そして一気に沖に足り出して「プッツン」正しくキブダイのアタリで切られた道糸がヒラヒラト風に泳いでいた。偏光グラスで覗くと数匹のキブダイが泳いでおりエサを食わない様にと願いながら仕掛けを落とすとウキが「スッ」とアタリを捉えた。これは正しくクロの引きで引きを楽しみながら振り上げたのは400gと言ったところか。
先ずは1匹釣ってさ〜これからだと気合いを入れるが釣れるのはキブダイ、フグ、バリ等で夕闇が迫って来てもクロの気配が無く、更にエサさえ盗られなくなったのだ。
残り30分、潮に揉まれていたウキがゆっくりと沈んで行った。先程までウキが潮に揉まれて何回も入ったが何れも魚のアタリでは無かったのでそのままにしていると微かに斜め横に引っ張られたような気がして軽く穂先を引いてみるとまさかの生体反応が返って来た。ここぞとばかり合わせを入れると竿に乗り足元の「がま」に突っ込んで来た。沖に出ないところを見るとクロと判断して最後のチャンスとばかりに慎重にやり取りして何とか浮かす事に成功してゆっくりとタモを入れて磯上に横たえる事が出来た。型は40前後だが刺身サイズが釣れて思わず自己満足のガッツポーズが飛び出し更なる1匹をと竿を振るが無情にも幸島方面から渡船マリンブルーの船影が見えてこれにて納竿となった。