FC2ブログ

鬼瓦松元の七転八釣

南九州を中心に旬の魚を追っかけてます。 釣果は・・・。他、小さな庭に、植物、果実を植えています。

内之浦町船間の夜釣り


原稿の締め切りは過ぎているのだが雑誌社の編集長に何とか明日までに仕上げますと頼み込んで選んだ釣場は船間の大太朗瀬での夜釣りだ。1匹でも釣れれば原稿になるので夜の帳が下りる前から竿を振り始めた。釣友のO氏は日が暮れるまでクロを狙うらしく釣り座は私が本命ポイントで構えO氏は日が暮れてから高台からの竿出しとなる。昨年は4回瀬上がりしており、2回は入れ食いで2回はボーズと言う結果となっている。入れ食いした時の潮は上り潮で左側の沈み瀬周辺で釣れたが期待した潮は・・・佐多岬方面に流れる下りだ。それでも釣れない事は無いだろうと必死になって竿を振っていると左側に遠投したウキが正面に来た時に音を立てる様に消えて行った。これは確実にイサキのアタリだとバラサ無いようにリールを巻き、足元まで来た時に一気に振り上げると魚は私の頭を越えて後ろの岩場に激突して行った。
掛けよってキャップランプの光を当てると800gの良型イサキで「やったー」と思わず大声を出してしまった。暫くして今度はO氏の竿が大きく曲がり良型のサバをゲット。私もサバが釣りたくてO氏にウキ下を聞いてやや浅めで流しているとウキが寝たり立ったりと変な動きをしだした。道糸をそーっと引いてみると「ガツン!」と竿に乗りグイグイ〆こんでくる。そうはさせまいと強引に主導権を取り、リールをグイグイ巻いて足元まで寄せて振り上げる。O氏と同型のサバで明日の晩御飯は鯖寿司で決まり、とニンマリする私だった。
その後も忘れた頃に交互にアタリが有り明け方まで2人で10匹のイサキがクーラーに納まったが船間の磯に関しては決して満足行く釣果では無く、次回こそはと遠ざかる磯を見ながら語り合う不燃焼の我々だった。